ホテルの金庫は壊れてるし~2018年4月パタヤ旅行記(4)

当初の予定では午後6時にはパタヤに到着していたはずなのに、エアアジアの4時間ディレイ、Mr.Tタクシーと迷子状態、高速道だけ安全運転のムチムチ女性運転手と、様々な要因によって、午後9時過ぎにようやくホテルにチェックイン。

今回の宿も、定宿となりつつあるH. Boutique Hotel(H.ブティックホテル)

今回は歴代で一番低い4Fでした。

だいたい6Fが充てがわれ、5Fが一度だけだったはずなのに。

広 告

さっさと支度して出かけようと思いきや、金庫が閉まりません!

そういえば、以前バンコクのホテルでも金庫が壊れていたことが。

すぐさまフロントに電話します。

 

数分後、ボーイさんがやってきて直そうと試みますが、直らず。

またも数分待たされ、予備の金庫と入れ替えるようで、重い金庫を持って現れました。

 

金庫って単に置かれてるだけでなく、けっこうな数のボルトで側面や底面を壁などに固定しています。

電動ドライバーでひとつひとつ外しいていき、壊れた金庫を持ち上げ、予備の金庫と差替え。

そして電動ドライバーで固定する作業。

 

その間、ずーっと作業を眺めるしかありません 泣。

IMG_9178

貴重な時間はことごとくムダに過ぎていきます 涙。

 

結局、30分ほどかかってようやく終了。

駆け出すようにホテルを出て、両替所で2875というちょっと残念なレートで両替を済ませ、嬢のバーに向かいます。

 

そういえば、次の日の朝8時前に叩き起こされ、偉そうなクソババア従業員がずけずけ部屋に入ってきて、金庫を確認し、舌打ちして出ていきました。

廊下には修理に来たボーイが、またも金庫を持って立っていました。

かすかに聞き取れた単語で想像するに、日本人の部屋の金庫が壊れているけど部屋番号がわからない、みたいな内容でした。

ボーイは、鶴次郎の部屋は昨夜交換したから違う、とクソババア従業員に言っていたのに、彼の意見に耳を貸さず、私がこの目で確かめる!みたいな流れだったと想像。

迷惑千万な話しです。

広 告

で、両替の後は屋台で焼き鳥(ガイヤーン)を買いだめし、一本だけ口にした後、夜10時ぐらいに嬢のバーへ。

考えてみれば、早朝のとんかつ定食以来、16時間以上何も食べてませんでした。

ちなみにこの日からソンクランが始まっていましたが、さすがに夜10時には水掛けしておらず、安心して歩けます。

ホント色々あったけど、ようやく腰を据えてビールが飲めるのでした。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る