スリンの田舎のウィークエンドマーケット~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(10)

Prasat Ta Muean(プラサート・タ・ムアン)遺跡群を見学し、一旦お婆ちゃんの家に。

近所の雑貨店で線香などを購入する嬢。

着いていくと、この集落の神様というか仏様というか、集落の創始者である地蔵というか仏像にお参り。

IMG_8322

その後、再びワンボックスに乗り、午後5時前に到着したのが、屋外市場。

聞けば、週末だけ開催される、いわばウィークエンドマーケットでした。

到着した早朝にもスリン市街地のマーケットに行ったのですが、エリア的にはそれよりも狭いものの、売られている商品は多岐に渡っています。

広 告

三人の子供たちを、遊技場に預けます。

エアーで膨らませた巨大な室内トランポリンみたいなやつです。

ちなみに1人50バーツも取られます 笑。

IMG_8325

その後はE嬢と買い出し散策。

早朝の市街地マーケットでは、野菜、肉、魚がほとんどだったのですが、このマーケットでは、野菜などは同様に、ガイヤーンを始めとする屋台系、中古の靴や時計、そして、ムシ系までも 笑。

売ってるコオロギの写真撮っていたら、お店の人が「食べてみろよ」的にすすめてきます。

やはり外国人は珍しいのでしょう。

さらい突飛な髪の色した嬢も一緒だし 笑。

IMG_8331

「マジかぁ」と思いつつ、そそらく冷やかし半分で勧めてきたコオロギ、舐められちゃイカン、と思い、喜び顔で頂きました。

正直、別に美味しくはないです。。。

でも親指たてて「アロイ」と言っておきました。

そんなやりとりを横で見ていた嬢、コオロギを購入しちゃいます。

心底おいしい、と言ったものと勘違いされました 泣。

広 告

スイーツ系が並ぶ一角には、タコ焼き器を使ったお菓子も実演販売。

が、タコ焼きとは大きくかけ離れた食べ物です。

たっぷり砂糖を水で溶いた小麦粉をタコ焼き器で焼いて、表面がカリカリになったら、穴からスプーンでガリガリとすくい上げて完成。

何だこりゃ。

IMG_8332

魚屋では、魚はその場で捌いてもらいます。

豪快に捌きます。

ウロコをガリガリ削り、頭をナタで切り落とし、エラや内臓は指で掻き出し、ぶつ切りにして完了。

たぶん、この魚がティラピアだと思うんですけど。

IMG_8333

いろんなお店が出店しており、嬢も多くの人と顔なじみのようで、行く先々で再会を喜んだり、突飛な髪の色をイジられたり、一緒にいる外国人(鶴次郎のこと)を訊かれたり。

そのたび笑顔でワイして挨拶しておきましたが、日本でサラリーマンやってるのと変わらねぇな、と思う自分 笑。

そんなこんなで遊技場の子供をピックアップし、午後6時半ぐらいにお婆ちゃんの家に戻りました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る