スクンビット駅近くの食堂で朝メシ~2016年6月バンコク旅行記(22)

IMG_4640

3日目の朝。

バービアに出勤する必要がないことが判明したので、とりあえず朝の一回戦を消化します。

ダラダラした後、どこに行こうか考えて、とりあえず鶴次郎が未開の地、カオサン通りに行ってみようと。

 

ホテル横にバイタク&トゥクトゥクが集まっているので、案内人みたいなおっさんに声をかけます。

しかしおっさん「カオサンなんて昼間行ってもつまらない」と言って寺院巡りを薦めてきます。

寺院は言ったことあるからいいと断ると、「オレの知ってるお土産屋に連れてってやるよ」なんてことをぬかしやがる。

これはダメなパターンだ、とずぐ気づき、とりあえず朝メシというかブランチを取るため歩き始めました。

広 告

それにしても詐欺タクシー、タイ人女性を連れて歩いても、土産屋連行パターンを遂行しようとするんですね。

気をつけないと 笑。

 

そんなわけでメシ処を探しプラプラ。

ターミナル21も考えましたが、なんとなく敬遠。

 

たぶん無意識的にソイカウボーイ方面に向かい、昼の状況を確認 笑。

ソイカ入口を素通りし、アソーク通りを北上します。

 

しかしこの日は日曜日ということもあり、屋台もほとんど出ておらず。

そのままペッチャブリー駅のほうに向かっていくも、メシ屋が見つからず。

 

と、思いきや、地元の食堂街みたいなところを発見。

ほとんどの店は閉まっていましたが、4軒分ぐらいの露天が営業していました。

あまり深く考えず、ここでメシにすることに。

広 告

好きなおかずを何品か選ぶスタイルで、けっこう悩んだものの、辛すぎそうなもの避け、ナマ物そうなものを避けると、見た目的にガッパオみたいな料理となりました。

Lちゃんは魚肉の唐揚げみたいなやつを注文し、2人でたったの75バーツ。

客が居ないガラガラのテーブルコーナーで食べました。

思いの外、辛くなかったので、辛い調味料をちょっとだけふりかけたものの、超絶辛い料理に。

あわてて水を買いに行きます 笑。

 

辛さから汗だくになって、見た目以上にボリュームもあり、おいしく頂きました。

さて、タクシーをつかまえてカオサン通りへと向います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る