早朝?深夜?のマーケットから嬢の実家へ~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(5)

モーチットのバスターミナルを出発したのが夜12時前、スリンの幹線道路上で降りたのが午前5時半過ぎ。

あやうく荷物を間違えてしまうアクシデントも間一髪で回避し、ソンテウをチャーター。

 

真っ直ぐ嬢の実家に向かうのかと思いきや、マーケットに寄って買い出ししていく、と。

午前5時半でも辺りは真っ暗。

それでもマーケットは開かれています。

広 告

たぶん、おそらくは早朝から開催されているであろうマーケットと思われますが、深夜から日の出までのマーケットかもしれません。

そのへん、よくわかりません 笑。

 

雰囲気としては、地べたにゴザ敷いて肉、野菜、魚、果物などをそれぞれ売っている、地元民向けのマーケット。

そのため日本人の珍しさと嬢の突飛な髪の色のせいで、かなり注目を集めてしまいます 笑。

日本人とわかると、コニチワ、とか、サクラ、とか知っている単語を言ってこられるのですけど、最初のうちはまだしも、連続してこられるとこちらの「にこやか対応」も段々尻すぼみに 笑。

嬢は野菜とか魚を中心に買い出し。

いつの間にか両手に満載の買い物となりました。

 

30分以上かけて買い出しが完了。

待たせていたソンテウに乗り、いざスリンの田舎へ。

IMG_8289

ソンテウで1時間近くもかかりました。

途中、日の出にも遭遇。

途中、寒くて日本で着ていたユニクロのダウンジャケットを着込むほど。

嬢の実家の場所はgoogle mapで確認済だったので、現在地を確認しながら移動しました。

広 告

そして日本出発から27時間、ついに嬢の実家に到着です。

実況ツイートとか、序章編で書いた23時間というのは間違いで、日本時間の朝6時に出発、日本時間の朝9時(現地時間朝7時)に到着でした。

いやぁ、遠かった 笑。

ソンテウ降りたら嬢のお母さんが道端にお迎えでした。

全然知らない散歩途中の人と思って、顔を見たら、嬢のFacebookなどで良く見た顔でした 笑。

慌ててワイしてごあいさつ。

嬢の実家に案内されたのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る