四目並べの必勝法~2017年9月パタヤ旅行記(6)

四目並べ。

パタヤのバービアではビリヤードやジャックポットと同じように、よく遊ぶゲームのひとつだと思います。

四目並べは、7×6マスの中に、縦横斜め、どのラインでも先に4つ並べたほうが勝ち、というゲームです。

 

いえ、必勝法だなんてすいません。

そんな大それたことでありません 笑。

広 告

ただ、今回の訪タイで連日四目並べをプレーするハメになりまして、初日、2日目、3日目と続けていくうちに、最初は全く歯が立たなかったのに、みるみる勝てるようになっていきました。

 

勝てるようになるまでに至った、その、個人的な覚え書きです 笑。

 

まず、大前提として、プレーするときは酔っ払っているということを忘れない、ということです 笑。

というか、この大前提だけで、ほぼ勝ちが転がり込んでくる、といった感じだったのですが 笑。

酔ってるだけで正常な思考回路ではありません。

 

で、次に重要なこと。

それは、自分のコマでなく相手のコマを見る、ということ。

4moku

百戦錬磨のバービア嬢たちも、稀にあっさり負けることがあります。

その理由は、自分のコマに集中しすぎて相手のリーチに気づかない、ときがほとんどです。

 

自分の多くの負けもそう。

結局負けるときの最大要因は、自分のコマばかりに集中してしまい相手の手の内に気づかない、ことです。

 

このことは、嬢同士が対戦していて観戦者として見ているときは、相手の手の内が良く見える、ということに気づいたのでした。

 

ということで、負け続きだった鶴次郎は、途中から、相手のコマだけ見るようにして、相手のチャンスをことごとく邪魔をする、という打ち方でゲームを進めるようにしてみました。

 

すると、相手のチャンスを先に潰して打っていると、いつの間にか自分がチャンスになり、気がつけば勝っていた、なんて状況に遭遇するようになりました。

 

で、人間心理って不思議なもので、負けが込んでくると、より一層自分の手しか眼中に入らなくなります 笑。

そして連戦連敗になるという負のスパイラルに 笑。

広 告

てなわけで、必勝法なんてだいそれたものではありませんけど、「相手のコマだけに集中する」という打ち方だけで、かなり負ける確率が減りました。

そして、この打ち方の問題点は、酒が入るとどうしても自分の手に集中してしまう、という弱点が。

ですので、酔っていても相手のコマに集中する、という心構えが一番重要です 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る