ソンテウでスリの被害に~2016年9月パタヤ旅行記(42)

pattayanight2ndroad

パタヤ8日目(最終日)の夜。

ウォーキングストリートの『ビアガーデン』でタイ最後のディナーを腹いっぱい食べた後、セカンドロードまで出てソンテウに乗り込みます。

客待ち停車中だったソンテウに、最初に乗り込んだのが鶴次郎とE嬢。

E嬢が一番奥で隣に鶴次郎が座ります。

ファラン老夫婦が向かい側に座ってきます。

 

そして4人ぐらいのタイ人女性たちが乗車してきました。

鶴次郎の隣には20代後半から30代前半と思われる、フツーの女性が座りました。

1人はおばさんでファラン老夫婦の隣に。

若い、夜の嬢っぽい出で立ちの2人は鶴次郎たちとファラン老夫婦の間に立っています。

その後さらに多くの客が乗り込んできて、満員状態で出発。

広 告

なお、鶴次郎は肩かけの小さなバッグを使用していますが、最初はバッグが鶴次郎と隣の女性の間にありました。

たぶん2分ぐらい。

その後、車内が混んできたときに、バッグを背中のほうに押し込みました。

 

ソイ10の辺りで降車し、E嬢のバービアに向かい、ビリヤードしたりで最後の夜を存分に楽しみ、チェックビンでホテルに戻ろうと財布の中を見ると、キレイにお札が無くなってました。

なお、鶴次郎の肩掛けバッグはこんな感じ。


アマゾン限定 PORTER(ポーター) トラベルショルダーバック
チャックを開けて、さらにマジックテープを剥がさないとお札が出てこないタイプです。

 

最初、目が点になりました。

あるはずのものが無い、という状況に遭遇すると、しばし混乱するものです。

 

そして「スられた」と気づきました!

 

そして、本当に幸いなことに、パスポートだけは無事です。

E嬢に説明すると、「いくらぐらい?」と聞かれたので、「たぶん6000バーツぐらい」と答えると、「もうー」と言いながらグーパンチされました 笑。

 

まずはバービアのお代を支払う必要があります。

ホテルの部屋に日本円を置いといたので、それを取りに行かねばなりません。

 

E嬢は事情をわかってくれたので、とりあえずダッシュでホテルに戻り日本円を持ってバービアに戻ります。

が、TTカレンシーなどの両替所はどこもクローズ。

 

するとE嬢が「OK」と言って、日本円を持ってどこかの両替所に向かいました。

5分ぐらいで戻ってきてバーツと領収書を渡されましたが、劣悪レート 笑。

まぁ仕方ないですね。

広 告

バービアに支払って、ママにあいさつして、E嬢とホテルに戻りました。

いやぁ、それにしてもパタヤのスリの手際の良さには驚きです 笑。

6000バーツはかなりの痛手ですけど、とにかくパスポートが無事だったことが不幸中の幸い。

なんせあと2時間ぐらいで空港行きのタクシーが迎えに来るタイミングです。

まさか最後の夜の残り数時間で、こんな被害者になるとは夢にも思っていませんでした。

 

帰国後にネットで調べてみると、セカンドロードで客待ちしているソンテウは、スリ被害が一番多いシチュエーションみたい。

これからは今まで以上に、より一層、注意力を高めないといけないなぁ、と感じた出来事でした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る