LBバーからイサーンディスコへ~2018年7月記(13)

4日目の夜。

明朝帰国のため最終夜。

お馴染みのLBのKを連れてイサーンディスコTAMNAN KON E-SANに向かいます。

まずはLBのKが勤務するというか入り浸っているというか、Kがいるお店に、途中TREE TOWNの派手なネオンを眺めつつ、歩いて向かいます。

Kのいる店はLB専門バーですけど、ブッカオやソニハニーにあるようなLB店とは一線を画していて、昨夜のLB店『Surprise Yourself』ともちょっと趣が異なります。

ブッカオのLBバー Surprise Yourself~2018年7月記(9)

大音量でもないし、それほど暗くもないし、ショーがあるわけでもなく、何というか、ビリヤードが置いてあるLBたちの待合室的な空間、とでも言えば良いのでしょうか。

まぁ、一線を画しているのがKの店なのか、他の店なのかはよくわかりませんけど 笑。

魑魅魍魎のLB専門バー~2016年11月パタヤ旅行記(15)

広 告

店内には若いファラン1人だけ。

LBとビリヤードに興じており、LBと互いにスーパーパワフルショットを繰り返しています。

球に当たったら骨折するかもしれないぐらいのパワフルショットを 笑。

ショットの合間にチューとかしてるんですけど、見て見ぬふり、でもコワイもの見たさ 笑。

そんな中で、Kと再会の乾杯したり、近況を聞いたり。

すると、このお店、間もなく移転するそうな。

移転先はブッカオを南下したアクションストリートという場所。

地図で見たら『Surprise Yourself』のちょっと先 笑。

うーん、次回以降は完全に「LBだけとの一夜」がありそう 笑。

『Surprise Yourself』でショーを見て、E嬢が泥酔してその流れでアクションストリートのKの店とか。

それはそれで、一回ぐらいならいいかな、と 笑。

そんなこんなでビールを2本飲み干したところでチェックビンし、バイタク2台に別れ、イサーンディスコのTAMNAN KON E-SANに移動。

なぜかバイタク代をKが支払ってくれます。

今までそんなこと一度も無かったのに 笑。

入店したのは深夜12時過ぎなのに、ガラガラ 笑。

いつも通りレッドラベルをオーダーすると、顔見知りのボーカル軍団がやってきます。

ここでも再会を祝し、ムダにボーカル軍団やダンサーにボトルの酒を飲ませます 笑。

3人だけで空けると、翌朝の帰国が危険になるため 笑。

広 告


この日はいつもみたいに満席になることもなく、なんだかあまり盛り上がらぬまま終わってしまった感じ。

このままではこのディスコの存続が真剣に危ぶまれます 笑。

で、2時半ぐらいにチェックビン。

店内でボーカル軍団に別れを告げ、外でKとお別れし、バイタクにまたがって3時頃ホテルに戻りました。

タクシー来るまであと3時間も無いんですけど。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る