インソムニア1Fの『i bar』へ~2016年9月パタヤ旅行記(37)

タイ7日目の夜。

ウォーキングストリートをぶらついた後、インソムニアへ行きますが、時間が早く、まだオープンしていません。

そのため、1Fの『i bar』に入店します。

入店にはイカツイ黒人に荷物チェックをされ、E嬢に向かって「一緒のコイツはどこの国だ?」みたいなことを聞かれていました。

逆に、どこの国の人が入れないのか、E嬢も知りませんでしたが。

後になってわかりますけど、アジアも白人も中東も、色んな人種が入店しています。

んー、謎ですね。

『i bar』は突き当りまで行くと海辺のテラスみたいになっています。

img_5178

鶴次郎はそのテラスまで行きたかったのですが、E嬢がビリヤードの前がいいと言うので、仕方なくその席に。

ビリヤードは3台ぐらいあって20バーツの有料。

勝ち抜けというか、勝ち続ける限りはずっとプレーできるというルールみたい。

広 告

ビールを飲みながらビリヤードを観戦しますが、実は大したことないなぁ、と 笑。

そこそこ巧いレディが1人いたのですが、運も味方してずっとプレーを続けています。

するとおもむろにE嬢が立ち上がり、受付の人にプレーを申し込むではありませんか。

正直、E嬢は鶴次郎より巧くないです。

もちろん鶴次郎だって、20年前の流行時にかじった程度ですから、中級者以下です。

二人でプレーしても鶴次郎のほうが勝率7割ぐらいなんですけど、それでも果敢にプレーを挑むE嬢。

ちょっとカッコよく見えました 笑。

img_5190

そして、残念なことに、そこそこ巧いレディとの対戦となってしまいます。

けんもほろろに負けて帰ってきました 笑。

勝負心に火が着いたのか、再びプレーを申し込むE嬢。

広 告

次の対戦は、技術的にはどっこいどっこいと思われる若いファラン。

一進一退、というかお互いミスで助けられる展開ながらも、最後はE嬢が勝利。

ホントは嬉しくてガッツポーズしたいはずなのに、クールに決めてます 笑。

次戦ではあっさり負けて、悔しいポーズを見せつつ「1勝したよ」と嬉しそうに席に戻ってきて、思いっきりハグされました 笑。

やっぱりよくわからんコです 笑。

 

そんなこんなで時間を潰していたら、インムニアがオープンする時間となって、2Fに移動することに。

一旦外に出てから入店するのかと思いきや、そのまま階段で上がれました。

 

『i bar』小洒落た感じで飲むにはなかなかいい店だと思います。

2Fのインソムニアは完全なディスコですけど、ディスコ目的ではなく、ちょっとカッコよく飲んでみたい、という人はオススメのバーだと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る