国境山奥の建設中のお寺へ~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(22)

スリン4日目でカンボジア移動日。

嬢と早朝タンブンを終え嬢の実家に戻るとお母さん、叔母さん、子供三人が戻っていました。

てっきり伯父さんの運転で今日も移動するのかと思いきや、なんと長兄家族がピカピカの車で登場。

真っ白なトヨタの三列シートのSUVです。

長兄三人家族に6人乗車して出発。

なぜか長兄運転の助手席に座らされました 笑。

途中、三夜お世話になったホテル、じゃなくてリゾートをチェックアウト。

そのまま国境の街、チョンチョムに向かいます。

広 告

と、思いきや、チョンチョムの遥か手前を曲がり、国境の山岳地帯に向かっていきます。

山道を駆け上がっていき、到着したのは、建設中だか大幅修復中だか大幅拡張工事中のお寺でした。

 

うーん、一体ナゼこんなところに来たのか、さっぱりわかりません 笑。

特に有名ということもないだろうし、googleマップには、仏教寺院、としか書いてないし。

 

車を降り、象の像を眺め、階段を駆け上がって境内へ。

IMG_8440

石造りの階段や門は、クメール建築に通ずる石造りになっています。

かなり大きな本堂のような石造り建物を建築中で、広い境内をぐるっと囲むように回廊があり、回廊にはいくつもの仏像が鎮座しています。

IMG_8443

 

建築中の本堂の横には、これまた多くの大小様々な仏像が鎮座。

今までこういう並びの仏像群は見たこと無かったです。

IMG_8448

建築中だからか、僧侶の姿を見ることもなく、売店みたいな建物も人も無く、ホントに作業員しかいません。

なぜこのお寺に寄ったのか、結局最後まで謎のままでした 笑。

広 告

とはいえ、E嬢のご家族たちは、建築中のお堂に手を合わせたり、回廊の仏像群、本堂横の仏像群にも手を合わせ、熱心にお参りしてました。

なんだろう、実はものすごく形式高くてご利益があるお寺なんでしょうか。

それでも30分以上の滞在時間となって、駆け上がってきた山道を下っていき、いよいよ国境越えを目指します。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る