モーチットのバスターミナル~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(3)

パヤータイ駅近くの屋外バーで嬢と合流後、タクシーでモーチットのバスターミナルに移動します。

バスの出発予定は23:40でしたが、22時前にはターミナルに到着。

空港並みに早く着いてしまいます 笑。

 

腹を減らした嬢とターミナル前にあるフードコートみたいな場所で夕飯を。

ビールでお腹いっぱいだったのですが、明朝まで何も食べられなくなるので、クイッティアオをチョイス。

わずか40バーツながら、けっこうな美味しさでした。

IMG_8278

IMG_8277

というか、我ながらクイッティアオの味付けがかなり上達しております 笑。

辛すぎない絶妙な唐辛子の量、ナンプラー?とかの液体調味料のさじ加減、そして砂糖は使わない、という、いつの間にか習得していた技です 笑。

広 告

ご飯を食べても出発まで1時間半近くあります。

モーチットのターミナルは帰省客でゴッタ返していました。

というか、普段のターミナルの雰囲気を知らないので、実は毎日ゴッタ返しているかもしれません 笑。

ただ、1月2日ということもあり、いかにも、という感じの夜の嬢のようなレディたちもけっこう見かけました。

 

時間近くなり、乗降口近くの椅子に移動。

が、40分前に出発しているはずのバスがまだ出発せず。

係員に詰め寄る人もチラホラ。

 

このままだと我々のバスも1時間近く遅延?という不安は、嬢が係員に確認し、遅延は1本だけ、とのことで一安心。

定刻になり乗車。

1カ月ぐらい前にネットで予約したときは、先約が一人だけだったのに、満席でした。

IMG_8281

ナコンチャイエアーという会社のゴールドクラスという上から2番目にいいバス。

ファーストクラスは専用待合室があったり、何かしら優遇されているんですけど、乗車する路線では採用されていなかったのでゴールドクラスになった次第です。

 

シートは電動リクライニング。

なかなか良かったのは、シートの首部に枕のように使える突起があること。

飛行機にも採用してくれればいいのに。

IMG_8283

女性乗務員が1人つきます。

ミュージックビデオがそこそこの音量で流れてます。

バスなのに、電車みたいな内扉があります。

 

出発して20分もせず、爆睡していまいました 笑。

途中で水とお菓子が配られますが、次に目覚めたときには、お菓子は嬢に食べられてました。

たぶんトイレ休憩とかも無かった、ハズ。

ホントに爆睡でした。

広 告

約6時間後、目的地スリン近くになって嬢に叩き起こされました。

我ながら良く寝たなぁ、と。

目覚めたのは水とお菓子配られたときだけで、あとは爆睡でした。

嬢はずーっとスマホいじってたようです。

寝ぼけ眼のまま、スリンで降車したのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る