パタヤのディスコ タワンデーンへ~2018年9月記(9)

2日目の夜。

E嬢、LBのK、お友達のフリーランス嬢の4人でソンテウをチャーターし、タワンデーンへ。

道中、ググってみるもののパタヤのタワンデーンなんてヒットしない。

一応見つかるんだけど、すごく古い記事で参考にならず。

一体どこまで行くんだろうと考えていると、セカンドロードをずっと北上して、ドルフィンサークルをさらに北上。

200~300mぐらい進むと右側にそのタワンデーンはありました。

googleマップで見ると「Star Dice Pub」という名前です。

看板が2種類あって、一つは『STARDiCE PATTAYA BY TAWANDANG』というのと『TAWANDANG VARIETY』というもの。

たぶん、おそらくは、スターダイスという名のお店で、タワンデーン社がプロデュースしたということなのかなぁ。

でも嬢たちやソンテウの運転手もタワンデーンと言ってたので、知ってる人にはフツーに通じるんだと思います。

広 告

チャーターしたソンテウ代はわずか200バーツと破格の値段。

支払い時に運転手が名刺を渡してきて、帰りも利用するよう営業してきます。

聞けば、このタワンデーンはバイタクも常駐しておらず、帰りの足を用意しておかないといけないらしい。

が、そこはタイ女性たち(ホントは1人の男も含まれるけど)、マイペンライと言って店内に。

なんか、このお店のエントランス、雰囲気いいです 笑。

中に入ると、すでにディスコで盛り上がっています。

インソムニアより全然広いけどハリウッドほどではない、という店内。

ほとんどタイ人しかいない感じで、音楽も現在のタイミュージック(だと思います 笑)。

 

店員のアフロヘアーの兄ちゃんが、なんと、フリーランス嬢の自称彼氏(笑)らしく、ステージすぐ近くに無理やり席を用意し案内してくれます。

なんというか、正統派ディスコというか、歌の巧い人たちが次々と歌っていき、時折DJタイムがある、という感じ。

なんとなくフツーだなぁ、と思っていたそのとき!

ふんどし姿とスパイダーマンのコスプレコンビが現れ、店内は爆笑とノリノリダンスで大盛り上がりに。

ハリウッドやイサーンディスコ同様に、ショットグラスに100バーツ札撒いてボーカルに渡すと、ワイして飲んでくれます。

で、フリーランス嬢がスパイダーマンのボーカルに渡したんですが、もちろんマスクをしており「飲めないよぉ」的なリアクション。

でも100バーツ欲しいよなぁ、どうしようかなぁ、とリアクションを続け、最後は口だけマスクを外して飲み干します。

これでまた店内大盛り上がり。

で、歌い終わったスパイダーマンが席まで来てお礼していくんですけど、そこでもショットグラスを進呈。

結局最後はマスク全部脱いでしまい、ただの酔っぱらいとなって控室に連行されていきす。

でも、素顔はとてもイイ男でした 笑。

 

さらに、水着ショーだかモデルショーみたいなちょっと嬉しいコーナーもあります 笑。

フリー嬢の自称彼氏の店員が「どれが好み?連れてくるよ?」と言ってくれますが、E嬢を指し、首を掻っ切るポーズしたら理解してくれました 笑。

ちなみに彼とはまったく好みのタイプが違い、互いに「マジで?あのコが好み?」と言い合って仲良しに 笑。

 

いつも通りショットグラスを賭けてジャンケンを繰り返し、みんなが酔っ払いに。

店内にはお立ち台も用意されていて、そそのかしてみたら3人とも上って踊りだす始末。

ジャンケンにはいつの間にかスタッフ2人ぐらいも混ざってきていて、てんやわんやでした。

 

そんなこんなでボトル1本無くなった時点でチェックビン。

1リットルの黒ラベルボトルと割りもの、ポップコーンで2600バーツでした。

酒癖悪いKが「もう1本!」と怒鳴ってたけど、もう4時だし、客もどんどん帰っていくし 笑。

広 告

で、危惧した帰りの足は店が用意したタクシー。

タクシーなのか、店員が運転しているのか、よくわかりませんが 笑。

それでも乗り心地良いエアコン効いた乗用車で、ソンテウと同額の200バーツ 笑。

正式名はよくわからないけど、パタヤのタワンデーン、だかスターダイス、ハリウッドに行き飽きた人には超おススメです。

個人的には、新たな楽しい夜遊び場を見つけた、という感覚です 笑。

ぜひ嬢と一緒に、というか一緒じゃないと帰りつけないかもしれないので、必ず現地の人と行きましょう 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る