ハリウッド前のチムチュム屋~2017年9月パタヤ旅行記(10)

2日目の夜。

ハリウッドでインド人にビックリした後は、ハリウッド前のチムチュム屋へ。

深夜1時ぐらいですが、店内はガラガラ。

少しだけある座敷スペースを確保します。

 

とりあえず個人的希望のチムチュムとコームーヤーンをお願いし、後は2人にお任せ。

広 告

で、七輪がセットされ、その上に置かれる鍋もセットされます。

 

あれ?

 

チムチュムって土鍋というか土器みたいな形の壺というか、そんなやつを想像していたのですが、実際に置かれたのはフツーの鍋。

 

 

なんか想像と違う 笑。

 

置かれた瞬間はチムチュムでなく、ムーガタと間違えたのかと思ったのですが、ムーガタの鍋とも違い明らかにフツーの鍋でした。

 

困惑した表情でいると、それを察知した2人から、壺でなくて残念だったねぇ、みたいな慰めの言葉が 笑。

 

で、さっそくチムチュムを作り始めるお二人。

とはいえ、野菜をテキトーにブッこんで、肉をテキトーにブッこんで、出来上がり。

日本人で鍋将軍と呼ばれるような人だったら、間違いなくイライラするようなテキトーさです 笑。

見た目のキレイさなんてまったく関係ありません。

IMG-7702

他にも貝とかエビチャーハンが運ばれてきますが、一体誰がこんなに食べるんだ?

結局残すハメになりましたが。

 

人生初のチムチュム。

ブッコミ寄せ鍋、みたいな感じでした。

ムーガタとチムチュム、どっちが好き?と訊かれましたが、どっちも美味しいと答えておきました。

都合良く言い換えれば、すき焼きとしゃぶしゃぶどっちが好きか、みたいなことなので。

 

ただ、スープとして飲める分、チムチュムのほうが好きかも。

それと、お腹を下しやすい人は、火が通りやすいぶんチムチュムのほうが向いていると思います。

特に肉に限って言うと、ムーガタの場合はなかなかキレイに焼き上がらず生焼けになりやすい、という短所があります。

その点チムチュムは完全に「煮る」という食べ物なので、時間さえかければいくらでも火が通ります。

広 告

人生初のチムチュムは、鍋の形の違いでちょっと肩透かしだったものの、ムーガタと双肩を成す料理であることがわかりました。

これまではムーガタ一択みたいな感じでしたが、チムチュムもかなり美味しいです。

気づけばハリウッド上がりの客でかなり繁盛している店を後にし、深夜3時前ぐらいにホテルに戻りました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る