サードロードのムーガタ屋へ~2018年9月記(11)

3日目の夜。

洪水行軍から夕方にホテルへ戻り、入念にシャワーで足を集中的に洗い、夜になって再びお出かけ。

嬢の仕事仲間で毎回一緒にムーガタに行く秋元才加似26歳嬢と待ち合わせ。

26歳嬢も今日はお店を休んだらしい。

広 告

一向にあがらないレートで両替を済ませた後、アヴェニューのオープンテラスのカクテル屋で待つことに。

せっかくなので聞いたことない名前のカクテルを注文すると「ストロング!ストロング!」としきりに言ってくる店員。

どうやら、アルコール度数が強いらしい。

だからといって引き下がれぬ。

マイペンライと返答すると、今度はグラスの大きさを聞いてきます。

1杯目はミドルにしたんだけど、フツーよりちょっと大きいぐらいだったので、2杯目はラージにします。

たしかにアルコール度数高めで、しかもストローで飲むため、やたら酔いが回ります。

1杯目の途中からストロー使いませんでしたが。

そんなこんなで30分程して26歳嬢が合流し、いざムーガタ屋へ。

お店はサードロードのいつものバンチュアン(Bangchuang)。

地図はこちらの記事にあります。

この日も相変わらずけっこうな賑わいです。

席を案内されて気付きますが、いつも使ってる座敷席が無くなって全てテーブル席に変わってました。

まぁ別にいいんですけど、食べ物の数も減ったような気が。

過去の写真をひっくり返して確認したけど、ちゃんと撮影したことないのでそこは不明のまま。

 

先ほどのカクテルでほろ酔いだったので、前々回に嬢が飲んでいた「ブルーハワイ」を注文。

フローズンのブルーハワイの弱いお酒で、まったくアルコールを感じません 笑。

結果として、これ、一人で全部飲み切りました 笑。

最後はブルーハワイ味の液体でしたけど。

26歳嬢の希望で、今夜はイサーンディスコに行く予定。

彼女はカンチャナブリー出身なのでイサーンではなく、一度行ってみたい、ということでした。

ちなみにイサーン語もほとんど理解不能らしい。

不思議ですなぁ。

 

そんな中、LBのKが突然合流。

いつの間に呼んだの?

つか、突然来たの?

訳が分からぬまま食べ進めると、ガリッという違和感。

どういう訳か針金が混入してました 笑。

ここはタイで日本ではありません。

よくあることさ、マイペンライ。

タイではよく噛んで食べましょう 笑。

広 告

相変わらず鶴次郎はすぐに腹一杯に。

たしか26歳嬢とKは初対面。

しかし初対面と思えぬ会話の盛り上がりを見せていました。

3人の果てぬ食欲と止まらぬお喋りを眺め、ようやく3人が満腹となったところでチェックビン。

イサーンディスコに行くにはまだ少し時間が早いため、26歳嬢の希望により、LBのバービアに向かうことに。

一体どこに行くんだろう?


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る