ワットプラーヤイで日本大好き僧侶に遭遇~2017年9月パタヤ旅行記(15)

パタヤ4日目。

起きたら13時過ぎ。

E嬢と一緒に恒例のワットプラーヤイへ。

向かって右側でお参りしてタンブンセットを購入。

今回は袈裟でした。

IMG-7731

で、向かって右側の建物に入り、次回のお経まで座って待つことに。

お坊さんは今までとは違う人でした。

お坊さん、こちらを見て「ジャパニーズ?」と訊いてきたので、イエスと答えます。

すると「オハヨーゴジャイマス」「コニチワ」「コバンワ」「オヤスミネサイ」「アリガトゴジャイマス」と、怒涛の日本語責め。

ワイのポーズのまま聞き入るしかありません 笑。

「フジヤマ」「テンプラ」「サクラ」「シンズク」「キモノ」と続き、「ジャパン・イズ・グーッド」と。

日本が好きというタイ人はこちらも大好きです 笑。

 

広 告

横に座っていた若者三人組。

お坊さんに話しかけたくてうずうずしているのに、お坊さんは鶴次郎にしか話しかけません 笑。

お坊さんの「ジャパン・イズ・グーッド」に対し「コップンカーップ」とお礼を言った、ちょっとの間を見出した彼らは、熱心にお坊さんに話しかけます。

インドネシアから来て、あなたのようなお坊さんに会えて大変光栄です!と握手をして大感激しています。

鶴次郎の相手はもういいから、大感激しているインドネシアトリオの相手してあげればいいのに、と。

 

が、お坊さん、そのインドネシア三人組をそっちのけで、またも鶴次郎に話しかけてきます。

「オナマエデスカ?」

一瞬なんのこっちゃと思ったものの「お名前は何ですか?」という意味だと悟り、名を名乗ります。

すると今度は、ニヤっとしながら「タニヤ?ソイカウボーイ?」

 

「は?」

 

とりあえず「行ったことあるか?」という意味だと思い、「ワンタイム」と答えておきます。

 

さらに隣のE嬢を指し「オクサンデスカ?」と 笑。

敬虔な僧侶に対しウソはいけないな、と思い、「No」と答えておきます。

するとニヤニヤしながらタイ語でE嬢と話し、なぜかE嬢から肘鉄を喰らいました。

さっぱり訳がわからん。

広 告

この頃には、すっかりエロ坊主と思い、ご利益も何もあったもんじゃない、と思うように 笑。

感動していて、なおも僧侶と話したがっているインドネシアトリオを差し置き、日本人とエロトークする坊さんって 笑。

インドネシアトリオがかわいそうでなりませんでした 笑。

あなた達が感激しているお坊さんはただのエロオヤジですよ、と。

例えば日本のお坊さんがタイ人観光客に「ナナプラザ」「ソイカウボーイ」「タイ・イズ・グーッド」なんて絶対言いませんよね 笑。

このお坊さんに興味ある方は、ぜひビッグブッダに行ってみてください 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る