ヤワラートの中華街を散策したものの~2016年6月バンコク旅行記(31)

3日目の午後。

ヤワラートのカオスなアーケード街を抜け、中華街を目指すことに。

特に中華街での目的は無いんですけど、バンコクの観光スポットのひとつでもあるので、一度は足を運んでおかないと、という単純な理由です。

横浜の中華街をイメージして向かってみたのですが、それらしい街並みになかなか出会えません。

 

ヤワラー通りを歩き進めますが、建ち並ぶのは銀行ならぬ金行だらけ。

中華料理店がひしめき合うエリアを探し、あっちかなぁ、こっちかなぁと細い路地をうねうね歩きまわります。

が、そんな風景は見つかりませんでした。

 

スマホで情報探せばいくらでも見つかったのでしょうけど、あまりの暑さで、スマホを触る気もおきません 笑。

まぁ、中華料理店がひしめき合う場所に出くわしたとしても、店に入って食べてみようなんて思ってもいませんでしたけど。

そんな思いだったので、見つからなくてもいいか、と。

広 告

結局、体力だけ浪費した形でヤワラート中華街探検を終わりにしました。

てなわけで、最寄り駅となるMRTのフアランポーン駅までまたも行軍 笑。

これもまた結構な距離を歩きました。

 

日曜日だからなのでしょうか、道中の街並みはシャッター通りと化してます。

建物の雰囲気もバンコクらしくない感じです。

IMG_4662
ようやくMRTのフアランポーン駅に到着。

始発駅でほとんど乗客がいません。

ヤワラート自体が観光客少ないでしょうかね。

 

一旦ホテルに戻ろうと、スクンビット駅までの乗車です。

クーラーの効いたMRTで快適な列車の旅となりました 笑。
個人的にはヤワラート、何の収穫もなかった、という収穫でした 笑。

ゴーゴーバーとかバービアが乱立するような街に様変わりしない限り、おそらく再訪することは無い街ですね。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る