ブッカオの名無し食堂~2016年11月パタヤ旅行記(8)

パタヤ3日目。

前夜ハリウッドから戻って朝5時くらいに寝て、11時に起床です。

相変わらずE嬢はスースーと寝ています。

 

寝ている間にすぐ近くのランドリー屋に洗濯物をお願いしてきます。

戻ってきても相変わらずスースー寝ているE嬢だったので、おとなしくインスタントコーヒーを作ってベランダで暇つぶし。

それでもいい加減出かけたくなったので、E嬢を起こしにかかると羽交い締めに会い、寝起きの一回戦のゴング。

 

んー、1日3回か4回が日課になりつつあります。

今回はなんとか果てることができ(笑)、シャワーを浴びてご飯に行くことに。

 

毎回のように「アップトゥユー」と言われ、今回はタイフードに決定します。

ソイブッカオに出て、どこで食べようかとぷらぷら歩き、いわゆる「名無し食堂」の前を通るときに、ここにしよう!と入店します。

E嬢も初入店とのこと。

 

けっこうな客入りで最初は相席となって、やっぱり隣り合わせに座ることに 笑。

が、空いたテーブルを案内されると、久しぶりの向かい合わせな座り方となりました 笑。

広 告

鶴次郎はガパオ、E嬢は野菜の炒め物みたいなものを注文。

注文後にE嬢が店員に何か言っていたのですが、ガパオだけは少し辛さ控えめで、と言ったことを後で知ります。

 

ライスにかかってくる形を想像していたら、別皿で届きました。

どういう注文の仕方をすれば別皿になるのか、うーん、よくわかりません 笑。

img_5625

辛さ控えめと言われてしまったガパオですが、そこそこの辛さでした。

が、鶴次郎には辛さが物足りず、E嬢の辛い炒め物とか、テーブル上にある辛いモトみたいなものをかけながら食べ進めます。

いつのまにか大汗かいてました 笑。

辛いのを食べる日本人が珍しいらしく、目を丸くしてにこにこするE嬢を見ていると、さらに辛く味付けして食べてみせる鶴次郎。

バカですね 笑。

 

そんなこんなで辛いけど美味しくお腹いっぱいで完食。

E嬢はご飯を3分の1ほど残してましたが。

お代は水を追加したので2人で170バーツ。

 

とりあえずお腹いっぱいを消化させるべく、セカンドロード沿いの複合施設『Major Cineplex The Avenue』に映画の下見に。

興味をそそる作品が少なく、これならセンタンのほうが良いな、という結論で、雨からすっかり酷暑の快晴の中、一旦ホテルに戻ることに。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る