パヤータイの屋外バー~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(2)

定刻よりちょっとだけ早く到着し、18時過ぎにはスワンナプーム空港のイミグレを通過し、荷物待ち。

イミグレでは10分ほど並んだでしょうか。

機内持ち込み可能なバックパックのサイズですが、嬢からお願いされた梅酒が入っているので預け荷物となった次第。

けっこうな時間待たされてバックパックをピックアップし、地下のARL乗り場にある両替所に。

 

このままイサーン行きのバスに乗るため、ここで大量の両替をせねばなりません。

イサーンの田舎に行ったら両替所も皆無ですし。

 

いつもはオレンジのスーパーリッチが最良レートだったのですが、この日は違ってました。

軒並みほぼ同レートですが、スーパーリッチだけ5バーツ悪い。

そのため同レートでも人が全然いなかった緑のスーパーリッチタイランドで両替。

そのレート、0.287 泣。

広 告

ARLで、嬢との待ち合わせ場所のパヤータイに向かいます。

嬢は隣駅のビクトリーモニュメントまでバンで来るらしい。

 

一人飲みできそうな店を探し、散策することに。

それほど暑くもなかったのですが、背負ってる荷物の重さがジワジワ効いてきます。

 

30分以上歩き、入店したのは結局パヤータイ駅の真下にある、屋外バー的なお店。

ビール大瓶一本120バーツ。

看板にもメニューにも、英語表記が見当たらず、店の名前はわかりません。

IMG_8271

ビアシン飲みつつ、ここでもAmazonプライムの海外ドラマ観ながら時間潰します。

つまみ程度に注文したポテトチップみたいなやつが、かなりのボリュームでビックリ。

IMG_8273

LiveMusic、という謳い文句だったのですが、パタヤみたいなロックのバンド演奏ではなく、アコースティックの弾き語り。

これはこれでムードあって良かったです。

 

入店して1時間半ぐらい、夜9時過ぎにようやく嬢が到着します。

LINEで写真と住所を送っていたのですが、通りから店内を見渡せばすぐわかるのに、嬢は通りに出ている呼び込み店員に「この店だよね?」みたいな確認を。

なんか、ちょっと滑稽だったので観察していました。

広 告

間違いなくこの店、という確信を得て、店員とともにようやくこちらを見渡したので大きく手を挙げ、ようやくこちらに気づきます。

3ヶ月半ぶりのご対面。

 

LINEのビデオ通話で事前に知っていたのですが、まさかの奇抜カラーな髪の色、店内の客も二度見します。

LINEで「どう?」と訊かれたので「オレはキライな色」と答えていたのですが、そんな会話も覚えておらず、再び「どう?」「オレはキライ」「フンッ」みたいなやりとり。

つか、隣国とはいえ初の海外旅行に行くわけで、なぜ突飛なカラーに染めるのか、ホント理解できません 笑。

嬢は水だけ注文し、その後すぐにチェックビン。

340バーツを支払って、とりあえずモーチットのバスターミナルに向けて出発します。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る