パタヤの火金市場に行ってみた~2016年9月パタヤ旅行記(21)

タイ4日目(パタヤ3日目)の夕方にかけて。

ページ10ホテルへの移動、ソイ5でのマッサージ屋の後、とりえずブラブラしていたものの、することが無くなり、どうしようか思案。

今日が火曜日であることを思いだし、ブッカオの南端にある火金市場に行ってみようと。

 

ソイハニーを通過してソイブッカオを出て、ひたすら南進。

日本だと歩くことがキライな鶴次郎ですが、なぜかタイに来るとやたら歩き、それも全く苦になりません。

景色とか空気感がそうさせるんですよね。

広 告

妖怪の住処みたいなバービアなどを眺めつつ、市場に到着します。

ソイブッカオを挟んで、右手は食堂とか雑貨関係が多く、左手には衣料品のテナントが。

とりあえず左側からのぞく事に。

 

衣料品といっても、どちらかといえば女性向け服が多い感じです。

ちょっとエッチ系の洋服なんかもフツーに売ってました 笑。

img_5102

あとはサッカーのユニフォームとかでしょうかね。

特に目ぼしい衣料品も見当たらなかったので、ソイブッカオを渡って右側のテナント群へ。

イイ匂いが充満する食堂前を通過して、雑貨というか、電化製品というか、なんでもありありな空間でした 笑。

 

あきらかに拾ってきた靴を大量に並べて売っていたり、あきらかに拾って(?)きたiPhoneを数台並べて売っていたり、即席ネイルサロン、床屋までありました。

こっち側のほうが見ていて飽きません。

写真を撮ろうと思っても、どうしても犯罪臭がするので、怖くて撮影しませんでしたけど 笑。

広 告

結局1バーツも遣うことなく火金市場を後にしたわけですが、ローカルな雰囲気を味わうには抜群の市場ですし、格安コピー商品と割り切って購入するのもアリだと思います。

驚いたのは、火曜と金曜以外、開催日以外は完全にもぬけの殻になっていたこと。

それなりに、たとえばハンガーとか床に敷くマットとか、畳んだ状態で通常は設置してあるのかと思いきや、ホント完全にもぬけの殻になっています。

設営と撤収だけを考えても、それなりの労力が必要なんですが、こういう部分でもタイ人のパワーって凄いんだなあ、なんて変に感心してしまいました。

火金市場、ぜひとも一度は足を運んでみるべき場所だと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る