タイ式宝くじを購入した結果~2017年7月パタヤ旅行記(10)

タイには日本と同じように宝くじがあります。

ビーチで寝そべっていたり、バービアでビール飲んでいると、おじちゃんとかおばちゃんが歩きながら「ロトリィー」と言って声をかけてきます。

 

これまでの訪タイで何度か目にしたのですが、バービアなんかでも抽選の生放送を放映し、多くの人達が一喜一憂する姿。

その喜びようや残念がる姿は、日本人が宝くじの当選チェックをする様とは大違いです 笑。

 

また、E嬢も抽選日が近づくにつれ、田舎のお母さんと連絡を密に、お互いに何番を買う、なんてLINEを一日に何度も繰り返していました。

で、嬢たちとムーガタ食べていると、「ロトリぃ~」という売り子のおばちゃんが。

聞くと、月に2回抽選日で、明日がその日であるとのこと。

thailottoly

印刷して配りあったりしたりする抽選結果表

モノは試しに買ってみました。

基本的には日本の宝くじと同じような感じで、6桁の番号で、1等賞金は3百万バーツ、あとは10万、5万、4万、2万、1万と当たりがありますが、タイ人の多くは下2桁の1千バーツに高い興味を示します。

広 告

売り子によって値段が違うこともあるそうですが、1枚50バーツ。

購入する人たちは、この下2桁で1千バーツの当たりを目指し、買いたい下2桁が入っている宝くじを購入します。

 

鶴次郎が選んだ番号は「69」。

別にヤラシイ意味でありません 笑。

その日、バービア嬢の1人が、大きく69と書いてあるTシャツを着ていた、という単純な理由 笑。

 

1枚買おうと思ったら、なぜか4枚も買わされてしまいました 笑。

しめて200バーツ。

 

これで下2桁当選なら、1000バーツ×4枚、4000バーツをゲット。

万が一、1等なんて当選しようものなら、3百万×4枚、1200万バーツ、約4千万円のゲットとなります。

 

大事に大事に、4枚の宝くじを財布にしまい、翌日夕方の抽選に備えます 笑。

 

で、翌日。

E嬢ととある観光地に行っていたのですが、抽選時間、物売りのおばさんが突然大絶叫で喜びます。

あぁ、宝くじ当たったんだなぁ、とすぐ察知しました 笑。

広 告

E嬢もすぐさまスマホで番号をチェック。

すると、物売りおばさんに負けないぐらいの絶叫 笑。

見事、87という下2桁が当選したそうな。

ただ、E嬢はお母さんと共同購入で、お互いに8個ぐらいづつ、しかも2口づつ選択してるわけです。

すると、50バーツ×8個×2口×2人=1600バーツの購入費用。

当選して貰える金額は、1000バーツ×2口=2000バーツ。

実質400バーツの儲けにしかなりません 笑。

 

それでいて当たったときの喜びようといったら、それだけで元が取れるぐらい楽しんでいる感じです 笑。

 

69を買って下2桁は外れてしまった鶴次郎ですが、ひょっとすると高い金額の当選があるかもしれず、嬢に番号入力チェックしてもらいますが、あえなく撃沈。

初のタイ式宝くじは残念ながらハズレで終わりました。

次回以降、訪タイが抽選のタイミングに重なるようであれば、再度チャレンジしようと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る