タイの金行(ゴールドショップ)に初突撃~2018年7月記(6)

2日目の夕方。

映画『ジュラシックワールド2』を観終え、バービア目指して歩いていきます。

すると、嬢ががおもむろに「ゴールドを買う」と行って、突然金行(ゴールドショップ)に入店。

ん?ゴールドなんて買ってあげる気はさらさら無いんですけど。

今まで一度も足を踏み入れたことがない金行(ゴールドショップ)に、色んな意味でちょっとだけコワイ気もするんですが。

広 告

鶴次郎の怪訝で驚きの表情を見逃さず、嬢は自分で買うから大丈夫、と言ってきます 笑。

先月ぐらいから突然、ゴールドの購入に目覚めた嬢は、ネックレスやブレスレットを購入しています。

訊くと、現在ゴールドの価格が下落中らしく、安いうちに買って、年末ぐらいに高くなるだろうから、価格が上がったら売る、といういわば投資の一環らしい。

しかし金行(ゴールドショップ)、これでもかというセキュリティですね。

鉄格子に仕切られたカウンターを見るとカジノの換金所を思い出します。

客=悪人、とでも考えてるかのようで、逆に日本の宝石店も少しぐらい見習ったほうがいいかもしれない。

 

嬢は店員の中国系おじさんに予算とブレスレットが欲しい旨告げると、何種類か紹介されます。

ただ、日本の宝石店と違って、なかなか手に取らせず、少し離れた手の届かない場所で数種類見せて、試着希望する1個だけを渡しれくれるという感じ。

 

そんな感じで3種類ぐらい試着した結果、1つを購入する嬢。

たしか3千バーツでお釣りがくるぐらいだったような。

広 告

その間、鶴次郎は店内を観察したり、スマホで金(ゴールド)相場のチャートを確認。

確かに6月中旬から下がり始まっていました。

が、嬢が購入したときより今日(7/27日)現在、さらにすごく値下がりしてます 笑。

6月中旬にグラム当たり4700円ぐらいから急落、嬢の購入した7月初旬に4600円ぐらい、そして現在は4450円。

しかも、今週末は禁酒日続きとなって、田舎から姪っ子たち3人のちびっ子たちが遊びに来るとのこと。

プールやら食事連れていくのに手持ちのお金が足りず、ブレスレットを1個売ったそうな。

たぶん、おそらく、いや間違いなく、買ったときより安い値段で売ったはず。

全然意味ない 笑。

さらに、このとき買ったブレスレットは細い針金みたいになった箇所を引っ掛けて手首に装着するタイプで、翌日には着替え中に服に引っ掛けてしまい針金部分が外れかかり、鶴次郎の帰国翌日には完全に外れてしまい、同じ金額の別のタイプに交換したとのこと。

なんか、つくづく残念なコです 笑。

購入直後にはさっそく手首に巻いて意気揚々と歩いていたのですが、そんな後日談になるとはそのとき知る由もありません。

金行(ゴールドショップ)を後にし、バービアに向かいます。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る