タイのかっぱえびせんHANAMIの一番辛い味は~2016年11月パタヤ旅行記(12)

パタヤ4日目。

寝たのが朝6時前だったので起きたらお昼。

一服したりコーヒー飲んだり、昨日お願いしたランドリー屋に服を取りに行き、戻ってきてE嬢を起こしにかかると、またもお目覚めの一回戦。

前夜というか早朝にお相手できなかったので、何とかがんばって最後まで 。

 

出かける準備中の2時ぐらいに部屋掃除の人が来て、そのタイミングで外出します。

とりあえず遅いお昼ご飯ということで、ぶらぶらしているときにこの店でいいや、とキスフードで。

相変わらず4人がけテーブルに隣り合って座って、辛い料理を汗だくになって食べます。

2人で300バーツ。

その後は食休みと涼む意味でセンタン内をブラブラと。

何も買わず、何も食べず、まさしくウィンドーショッピングでした。

広 告

夕方になったのでバービアにそのまま同伴出勤。

途中、コンビニでママが甘いもの好きということでチョコの詰め合わせとか、自分つまみ用に豆菓子とえびせんを購入。

実際はそのほとんどをママや嬢たちに食い荒らされたわけですが。

 

ちなみにタイのかっぱえびせん、HANAMIという名前で販売されており、日本よりも種類豊富です。

パッケージを見て一番辛そうなやつをチョイスしたんですが、フツーのえびせんで、チリソースが別袋になっているんですが、これがまた全然辛くありませんでした 笑。

img_5645

差し入れに喜んでくれたママが、一昨日に引き続きビリヤードを誘ってきたので、今回はリベンジすべく即決で応戦。

なんと、鶴次郎の二連勝でした 笑。

一回戦は、ママが8ボールを落とすも自分のボールまで落ちてしまい、二回戦は誤って途中で8ボールが落ちてしまうという、完全なタダの敵失での勝利 笑。

 

嬢たちはママの応援、客のファランは鶴次郎の応援と、なぜか店内大盛り上がり。

勝ち方が小狡いんですけど、これでもか、とママに向かってガッツポーズしておきました。

 

夜になって、一旦ホテルに戻って毎日の日課となった耳掃除。

「毎日耳かきしちゃダメなんですけど」と言っても「マイペンライ」と笑顔で応えるE嬢。

何の自信やねん、と思いつつ、耳かきしてもらって、日課の一回戦(もちろん不発 笑)。

 

時間は夜9時。

昨夜回収したウィスキーのボトルを持って、引き続きイサーンディスコのタムナン・コン・イサーンにバイタクで向います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る