スマホinコンドーム~2017年4月パタヤ旅行記(14)

2日目の夜11時ぐらい。

貸切ソンテウでイサーンディスコのTAMNAN KON E-SANに到着。

E嬢、E嬢のおばさん、おばさんのバービアの横綱(勝手に命名)、おばさんのバービアの女子プロレスラー(こちらも勝手に命名)と総勢5名。

 

店内はまだ3~4割程度の客入りも、いつも同様に午前0時を過ぎる頃には満員状態に。

相変わらず客足がやたら遅いイサーンディスコ 笑。

それだけイサーン出身の人たちは、パタヤで夜遅くまで仕事をしてるってことなんですね。

 

席について30分ぐらいすると、毎度おなじみのLBのK嬢も合流。

LBのKの衝撃写真はコチラ

昨年9月に初めて会って以降、会うたびに女っぽくなっていくから不思議です 笑。

毎回、酔った鶴次郎からタバコをパクったり、ライターを持ち逃げしようとするので、この日は羽田の免税店で買ったタバコを1箱だけプレゼントしておきました。

広 告

ウィスキーはいつものジョニーウォーカー1リットル、もちろん注ぎキャップ付き 笑。

料理はいつもの火が出るスープと唐揚げみたいなやつとイサーン料理盛り合わせみたいなやつ 笑。

たまには別の料理を注文してほしいです 笑。

 

乾杯するとすぐにLBのMC青年が登場。

鶴次郎に熱い抱擁してきます。

と、同時に、背中に水を流し込まれました 笑。

そう、まさかの、店内で水かけ、です。

昼の道端のようにバシャバシャ掛け合うわけではありませんが、頭から水かけられる人もチラホラ。

さらに、例の白く塗るやつも登場して、せっかくイサーン風な服で決めてきたのに、結局はびしょ濡れ 笑。

まいったなぁ 笑。

 

と、遅れてきたLBのK、バッチリメイクで決めてきたのに、店内水かけを知って、マジで帰ろうか悩み始めます 笑。

「メイク落ちても美人だからマイペンライ!」と励ます鶴次郎 笑。

他の嬢たちも「大丈夫よ!水かけないわよ」などと言って、残留することを決意するK。

で、テーブルの上に置いてある自分のスマホを持ち上げ、防水対策をしばし考えるK。

E嬢が持っていたビニール袋に一緒に入れてあげようとしますが、Kは拒否。

すると、とある小さな包みをバッグから取り出します。

なんと、コンドーム 笑。

コンドームを取り出して、自分のスマホに被せたのでした 笑。

 

これには一同大爆笑。

ひっくり返るぐらいあまりにも全員が爆笑しているので、周囲のテーブルの人たちも「何事だ」と様子をチラ見。

チラ見する人たちにコンドームで包まれたスマホを見せると、彼らも大爆笑。

スマホの天辺の部分に、ちょうど良く先っぽの部分が余分なゴムとして残るので、形としても笑えました。

あまりにも大ウケなので、気分良くなったLBのKは、コンドームに包まれたスマホをしごき始めて「大きくなるかな?」なんて言い出す始末。

この辺りのお笑いセンスは、LBならではなのでしょう。

ホント、久々に涙流して、呼吸困難になるぐらい笑えた場面でした。

広 告

あー、写真撮っておきたかった。

このときすでにビニール袋に入れてE嬢のバッグ内に入っていたので、スマホinコンドームの写真が残っていません。

数少ない、この旅での心残りでした 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る