イサーンディスコをハシゴしたけど~2018年2月パタヤ旅行記(7)

2日目の深夜。

KのLBバーからバイタク2台、3人でイサーンディスコのTAMNAN KON E-SANへ。

いつも夜10過ぎに来て客はガラガラ、その後に大混雑という流れですが、この日は夜12時半ぐらいだったので、かなりの混雑でした。

でもなぜか偶然、前方の席が空いていたのでそこに通されます。

いつものボーカルMCもあっという間にこちらを発見し、テーブルにやってきました。

 

これまでは来店するとジョニーウォーカーのボトル(たぶん750ml?)ばかり飲んでいたのですが、なぜかこの日は安くて量が多い(1リットル)BLEND285というタイウィスキーをオーダー。

IMG_8946

ご飯を食べてなかったKはともかく、腹いっぱい夕飯食べてその後も栗をパクついてたE嬢も、食べ物のオーダー。

そりゃあゼッタイ痩せるわけありません 笑。

 

約3ヶ月ぶりにTAMNAN KON E-SANに来たのですが、ステージにはLEDスクリーンが設置され、ちょっとだけバージョンアップしてました。

一応それなりに儲かっているのかな。

広 告

楽しく過ごしていると、ボーカルMCが1人の男性を連れてきて「コンイープン!」と紹介されます。

同じ日本人同士だよ、と。

 

そういうの、苦手なんですけど 汗。

ただ、この男性というか青年、かなりのイケメンでした。

アラサーぐらいかなぁ。

大音響の中「どれぐらいのペースでパタヤ来るんですか?」とか「何日ぐらい滞在するんですか?」とか訊かれました。

少しの会話だったけど、見た目もイケメンだし、敬語だったし、姿勢も低いし、やたら好感度高かったです 笑。

こんなイケメンばかりパタヤに溢れたら、ろくな女の子しか自分に回ってこないよなぁ、などと考えてました 笑。

好青年が席に戻っていった後は、一応ボーカルMCを叱っておきます。

日本人だからっていちいち連れてくるな、と 笑。

 

深夜3時過ぎ。

LBのKが盛り上がり過ぎて、1リットルのボトルはカラッポに。

さすがに帰るだろう、と思っていたらE嬢が「別のイサーンディスコにいる友達に呼ばれてるから行こう!」と。

マジですか。

1600バーツぐらいを支払って、またも3人でバイタク移動。

 

E嬢にディスコの名前を聞くと「フィリピンイサーン」と。

イサーンなのになぜフィリピン?と思っていたのですけど 笑。

広 告

3rdロードを南下してサウスロードを越えたあたりにそのディスコはありました。

が、何やら雰囲気がおかしい。

嬢が友達に連絡し合流すると、その理由が判明。

警察の突然ガサ入れによって突然クローズ、だって。

そういえばTAMNAN KON E-SANでも以前遭遇しました。

イサーンディスコで警察とイミグレのガサ入れ~2017年7月パタヤ旅行記(5)

暗くなったディスコから続々と帰っていく人たちを眺めつつ、嬢と友人が色々と話し終えるのを待って、我々も帰ることに。

IMG_8951

KBのKは自宅が近いということで歩いて帰る、と。

かなり千鳥足でしたが、見放します 笑。

バイタクでホテルに着いたのは朝4時過ぎでした。。。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る