日本勝利も「マイアミの奇跡」同様にGL敗退かも

日本がコロンビアに勝ちました!

戦術とか采配は二の次で、ハンドしたDFと一発レッドを出した主審のおかげだと個人的に思ってます 笑。

ちまたでは『マイアミの奇跡』にならって『サランスクの奇跡』という人たちまで現れています。

だがちょっと待ってください。

『サランスクの奇跡』だなんて言ってしまうと、日本代表を囲む環境が『マイアミの奇跡』とあまりにも似すぎていて、同じようにグループリーグ敗退の憂き目にあってしまうかもしれません。

広 告

・4ヶ国の組合せと試合の順番

アトランタ五輪:日本、南米のブラジル、アフリカのナイジェリア、東欧のハンガリーの4ヶ国。

ロシアW杯:日本、南米のコロンビア、アフリカのセネガル、東欧のポーランドの4ヶ国。

・4ヶ国の試合の順番

五輪の一戦目:日本vs南米のブラジル  アフリカのナイジェリアvs東欧のハンガリー

W杯の一戦目:日本vs南米のコロンビア  アフリカのセネガルvs東欧のポーランド

五輪の二戦目:日本vsアフリカのナイジェリア  南米のブラジルvs東欧のハンガリー

W杯の二戦目:日本vsアフリカのセネガル  南米のブラジルvs東欧のポーランド

五輪の三戦目:日本vs東欧のハンガリー  南米のブラジルvsアフリカのナイジェリア

五輪の三戦目:日本vs東欧のポーランド  南米のブラジルvsアフリカのセネガル

・一戦目の結果(日本とアフリカの勝利かつどちらも同じ得点)

五輪:日本vsブラジル(1-0)  ナイジェリアvsハンガリー(1-0)

W杯:日本vsコロンビア(2-1)  セネガルvsポーランド(2-1)

 

こんなに『マイアミの奇跡』当時と同じような状況で、日本の監督はどちらも西野朗。

そして『マイアミの奇跡』の最後は、ポーランドが全敗、日本など3チームが2勝1敗で並ぶも、得失点差で1位ブラジル、2位ナイジェリア、3位日本となって、日本がグループリーグ敗退となったのでした。

広 告

この筋書きだと今大会の日本は次戦のセネガル戦に負け、三戦目のポーランドで勝つも、グループリーグ敗退という結末です。

「歴史は繰り返す」と言うものの、こればかりは勘弁してほしいのですが。

でも、昨日見た限りでは、セネガルはホント強いです。

エースのマネがそれまでの1トップではなく、中盤に位置したことで自在にパスが繰り出されていました。

そしてアフリカらしくない組織力を持っています。

もともと南米以上にアフリカへの苦手意識を持つ日本代表。

最低でも勝ち点1を獲得して『マイアミの奇跡』のジンクスを打ち破ってほしいものです。

 

 

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る