• 2015.1.28
  • 旅行記2014年12月 3日目(6) はコメントを受け付けていません。

旅行記2014年12月 3日目(6)

宿泊していたリスボアでカードキーを内鍵してしまい、てんやわんやしたり、エレベータで回遊魚を部屋に連れ込む中国人と一緒になったりと、かなりばたばたした最後の夜の始まり。

最後の勝負でエリートルームに向かおうと思ったけれど、大小(Sic-Bo)での大きな負け越しを挽回しようと、グランドリスボアに向かいます。

個人的必勝法、最後の悪あがきです。

条件に合う卓を見つけます。

この日は月曜日の夜、グランドリスボアなのにガラガラ状態でした。

3000HKドルを投入。

。。。。。

。。。。。

当たり!!!!

ここで倍プッシュ!

 

なんてことはできず、2000HKドルを再投入。

。。。。。

当たり!!!

ここでスパッとやめました。

大小(Sic-Bo)は、今回の旅でトータルマイナス3000HKドルで終了としました。

 

せっかくなのでバカラの卓を物色。

日本で言う1Fのフロアでツラが切れたあと、誰も打ってない卓に着席。

ところがこの卓、絞りができない卓でした。

ミニマム1000HKドルなのに。

3ゲームだけ、2勝1敗で後にします。

その後、日本でいう2Fに再び移動。

ツラの途中に割り込んだり、ヨコヨコの卓に割り込んだり。

でも結果的に大小(Sic-Bo)と1Fでの勝ち分が無くなり、チャラに。

やらなきゃよかった。。。。

 

さて、最後の勝負。

いざエリートルームに移動します。

バカラの負けマイナス3500HKドル、カジノの合計マイナス6500HKドルです。

最悪でもカジノの負け分、次に遊んだ分、願わくばホテルや飛行機代、を稼ぎだしたいところ。

長くなるのか、一瞬で終わるのか、最後の戦いの始まりです。


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る