天然系バービア嬢の愉快な行動~2016年9月パタヤ旅行記(36)

タイ7日目の夕方。

鶴次郎がLINEでパタヤに戻ってきたことを伝えると、慌てて出勤してきたE嬢。

恥ずかしながらも、ものすごく嬉しそうな笑顔で、軽くド突いてくる姿に「やっぱりパタヤに戻ってきて良かった」と思った瞬間です。

 

とりあえず一緒に飲み始め、ビリヤードをしばし楽しんで、またまたペイバーしてお出かけ。

前回ハリウッドに行ったので、今日はウォーキングストリートにある、いつも行くというインソムニアに行きたいとのこと。

ハリウッドは高いので友達とはほとんど行かないそうな。

逆に言えば、ペイバーされたときのハリウッド、ってわけですね 笑。

広 告

バイタクで向かうものと思っていたら、安いからソンテウにしよう、と提案されます。

インソムニアと言い、ソンテウと言い、なぜか鶴次郎の財布事情を心配するE嬢 笑。

 

ソイブッカオを南下するソンテウに乗車しますが「サウスパタヤロードを左折しちゃうかも」なんて心配事をE嬢に訊ねます。

すると笑顔で、大丈夫(マイペンライ)と軽くあしらわれます。

がらんどうとなっている火金市場を過ぎ、サウスパタヤロードに出ると、ものの見事に左折!

慌てて降車しました 笑。

 

ホント、天然系なE嬢です 笑。

E嬢は、やっちまったぁ、てへ、みたいな感じでごまかしますが、鶴次郎はオオウケしてE嬢のボケ具合を大笑い。

鶴次郎の手を引いてサウスパタヤロードを横断するE嬢。

なんと、横断した先に停車しているソンテウに乗り込みます。

 

つか、ここまで来たら歩いたほうが早くね?という鶴次郎の言葉をまたも軽くあしらうE嬢。

余程歩くの嫌いなのね、とヘンに感心する鶴次郎。

ただ、ひとつ気になることが。

今度は「セカンドロードを右折しちゃうのでは?」と訊ねますが、またも大丈夫(マイペンライ)とのお言葉。

 

はい、もうおわかりですね。

案の定、ソンテウは右折してセカンドロードに進みました 笑。

広 告

またも慌てて降車。

乗車距離たったの100mぐらい。

 

またも大笑いです。

 

ここからはさすがに歩いていくことに。

ソイ15と思われる道を抜け、ようやくウォーキングストリートに到着です。

夜8時前なので思っていたほど混んでいません。

しばしブラブラすることに。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る