ハリウッドからイサーンディスコにハシゴ~2017年4月パタヤ旅行記(20)

3日目の深夜。

ハリウッドで踊り疲れた嬢たちは、お腹が減ったということで、すぐ近くのイサーンディスコまで徒歩移動。

しっかり余ったボトルを持っていきます。

ちなみにイサーンディスコ『TAMNAN KON E-SAN』は持込OKの店です。

毎回ボトルを入れるたびに、酒屋で買ってくれば良かった、と思うんですけど。

 

深夜2時過ぎに入店。

こんな遅い時間の入店は初めてですが、やはりかなりの客入りでした。

そのため、ハリウッドに引き続き、2Fというか、一段上のテーブルに案内されます。

周囲はすでに大盛り上がり。

 

そんな周囲を尻目に、注文した料理をばくばくと喰らう四人の嬢たち。

レスラー嬢に至っては、大盛りご飯を注文し、一人で平らげてました 笑。

広 告

隣のテーブルには30歳ぐらいの嬢が2人。

イケメンダンサーのファンのようで、ベロベロに酔っ払ってます。

なんとなーくイヤな予感がして、そういうときの予感は的中するもの。

隣席の嬢たちから背中に水をかけられ、顔に白いヤツを塗られました。

深夜3時近くなのに、もう、この時間に最悪です 泣。

 

そこからは彼女たちがファンであるイケメンダンサーと一緒になって、彼女たちを頭の天辺から足の爪先まで、びしょ濡れにしてあげました 笑。

ベロベロの彼女たちはなぜか嬉しがって、びしょ濡れのまま抱きついてきたりしましたが 泣。

そんな中、四人の嬢たちはその光景を笑いながら見てばくばく食べている。

一体なんなんだ 笑。

 

で、ちょっと落ち着くと、ベロベロの彼女たちが鶴次郎に向かって「ガウリー?」と聞いてきました。

わざとムッとした顔で「イープン!」と答えると、ホッとしたように「グーッド!」と言ってきます。

よくわかりません。

ガウリーが嫌いだから鶴次郎に水をかけていたのか?

イープンだと逆ギレしないから安心でグッドなのか?

とにかく、イープンと知ってからさらに馴れ馴れしくしてくる始末。

一人はけっこうカワイかったので悪い気はしません 笑。

 

が、背後からE嬢の目が光っていることは見ずともわかっていたのですが 笑。

案の定、E嬢にズボンを引っ張られ、横に座らされました。

タイ語でけっこうまくしたてられました。

とりあえずオーバーリアクションで反省しているフリをします。

その姿に他の三人の嬢は大爆笑。

隣の二人もやってきて叱られる鶴次郎を冷やかします。

んー、笑いの中心にいるってなんか楽しい 笑。

広 告

ちなみに隣テーブルの二人の嬢は、大きなタワー型ビアサーバーでした。

しかも、たぶん2本目らしい。

そりゃベロベロになるわけです。

 

片方の1人の嬢が足腰フラフラになったようで退店していきました。

で、少しすると、場内が明るくなり、本日閉店の雰囲気。

朝5時だか6時の閉店時間のようです。

さすがに眠さMAXでもあり、各自バイタクに乗って解散。

ホテルに戻ってシャワー浴びてスグ寝ました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る