サードロードのディスコへ~2018年11月記(7)

2日目の夜。

深夜12時ぐらいからソンテウを貸し切って、嬢とLBのKの3人で初めてのディスコ店に向かいます。

サードロードを北上し、セントラルロードを越え、地図でいうとノースロードとセントラルロードの中間あたりでしょうか、道の左側にそのディスコはありました。

で、結局最後まで、というか日本に帰ってきても、そのディスコの名前はわからずじまいです 笑。

googleマップで見てもタイ語でしか表記されてません 笑。

REDと書いてある看板があったからREDという店かと思ったけど、googleマップで見ると、REDって道を挟んだ向かい側にあるバーみたいだし。

たしか、タムナンションと言われたような気もするし、タムナンションじゃないよ、と言われた気もするし 笑。

なぜか曇ってピンボケな写真しかなく、酔っていたので記憶もあいまいで。。。

スポンサーリンク

ソンテウに300バーツを支払って店内に向かおうとします。

しかし、入口には屈強な男性が懐中電灯を持って待ち受けており、荷物検査をされます。

嬢やKのバッグはけっこう細かくチェックされてました。

荷物検査をクリアしてようやく店内へ。

 

これまで行ったことあるディスコはハリウッド、タムナン、シラピンイサーン、タワンデーンですが、その4軒とは違って、ステージ裏が出入り口だったこと。

フツーは入っていくとステージが出入り口を向いていたのですが、その正反対ということですね。

木造でのつくりはタムナンやシラピン、タワンデーンと同じ感じです。

広さと高級感でいえば、タムナンの上ではあるけど、他の2軒に及ばない、といった具合。

客のほとんどはタイ人で、仕事あがりの感じが多いようで、こちらはタムナンに近い感じです。

 

ステージではタムナンやシラピンのようなこてこてのイサーンというわけではなく、タワンデーンのようにシンガーが歌ったりDJタイムがあったり。

あ、店内禁煙なのはシラピンと同じですが、この店はトイレが喫煙所です。

そしてそのトイレには小銭稼ぎ給仕がいます。

用を足してると後ろから肩揉んできたり、手を洗うとタオルを出してくれ、チップを要求されるパターンです。

最初にきっぱり断れば問題無いですし、お金を持ってきてないアピールをしても大丈夫です 笑。

スポンサーリンク

飲食物はタムナン並みに安いです。

ジョニーウォーカー1本と割りものとそれなりの食べ物を注文して2600バーツでした。

こりゃあタムナンから客が減る理由も何となくわかります 笑。

ボトルが1本空いた午前3時過ぎにチェックビン。

バイタクでホテルに戻って2日目が終了です。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • タカダース軍曹
    • 2018年 12月 23日

    お疲れ様です。タムナムジョンと美容師のお姉さんが言ってました。

      • 鶴次郎
      • 2018年 12月 25日

      タカダース軍曹さん、ありがとうございます!
      やっぱりタムナンション(ん?タムナンジョン?)で合ってたんですね!
      つか、美容師のお姉さんというのが非常に気になります 笑。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る