イサーンディスコSuperstar Esan Clubへ~2018年2月パタヤ旅行記(10)

パタヤ3日目の夜。

明日早朝に空港に向かうため、最終夜です。

夜9時過ぎに嬢の友人がいるアヴェニュー前のバービアへ。

昨夜、シリピンイサーンで待ち合わせしたコが働いてます。

その友人はもともとは嬢と一緒にバービアで働いていたけど、今はそれぞれ別の店というわけです。

というか、この友人の母親がこの店のママさんみたい。

IMG_8983

この店でもハイネケンを2本ほど空け、友人が近所の自宅で着替えてくるのを待ち、夜11時ぐらいにイサーンディスコに向かいます。

何度も言いますが「シリピンイサーン」であって、「フィリピンイサーン」ではありません 笑。

ところが帰国後調べてみると、シリピンイサーンという名前でもヒットせず、正式名はSuperstar Esan Club(スーパースターイサーンクラブ)みたい。

なぜ「シリピン」なのかよくわかりません 笑。

広 告

昨夜は突然のガサ入れで強制閉店だったけど、この日この時間は問題なく営業中でした。

IMG_8984

そしていつものLBのKも合流し、4人でテーブルに案内されますが、嬢の友人はこの店の常連で、自分でテーブル決めてました。

 

店員が持ってきたメニューを見てビックリ。

なんと、いつものタムナンイサーンと比較して、約1.5倍の値段設定。

ボトルが高額すぎ 笑。

しぶしぶボトルを入れ、いつものようにがっつり食べ物もオーダーされます 笑。

 

このシリピンイサーンだかスパースターイサーンクラブ、けっこうお金をかけていて、タムナンが庶民向けだとすれば、こちらは中流以上をターゲットにした感じ。

ダンサーも多く派手だし、大型LED画面あるし、禁煙だし 笑。

IMG_8988

残念なのは、ダンサーたちは一切客席に来ないこと。

まぁ給仕の人たちは勧めれば飲んでくれるものの、仕事優先なのですぐいなくなります。

 

客層も少しだけお金ある感じの人たちが多く、近くのテーブルにはLB軍団が。

その軍団、たぶん、おそらく、ティファニショーみたいなショーの人たちみたいで、化粧とか服とかは明らかに常人と違ってました。

見た目は違うものの、騒ぎ方は至ってフツーのLBで、ギャーギャー言いながら踊ったりじゃれあったりしていました 笑。

 

深夜1時過ぎると、嬢が睡魔に負けてダウン。

睡魔と格闘して目が半開きになったり、頭がぐわんぐわん回る姿を撮影して楽しんでいたのですが、見つかってしまい完全消去されてしまいます。

広 告

そんなこんなでボトルが無くなったのが2時半ぐらい。

ダンサーたちがテーブルに来てごちそうしたり一気飲みじゃんけんが開催されないと、けっこう長持ちするものです 笑。

 

2時半ということは、あと3時間半でタクシーが迎えにきます。

チェックビンを済ませたのに、泥酔したKは何やら「まだ帰りたくない!」と駄々こね始めます。

呆れた嬢と友人は「いいよ。置いて帰ろう」と非情な態度で、お店を後にしました。

店の前のバイタクを捕まえホテルに戻ります。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • とーた
    • 2018年 5月 07日

    イサーンディスコをハシゴしてワイワイ・・・楽しそうですね♪
    スタッフがフレンドリーだとさらに楽しいですよね!
    お店の看板は、ศิลปินอีสาน(シラピンイサーン)って書いてますね。
    ศิลปิน(シラピン) = アーティスト、スターって意味なので、そのまま Superstarと訳したんだと思います^^

      • 鶴次郎
      • 2018年 5月 08日

      とーたさん、日本語訳ありがとうございます!
      タイ語を読解できるなんてうらやましいです。
      発音では『シリピン』と聞こえいたのですが、『シラピン』が正解なんですね 笑。
      お恥ずかしい限りです。。。

    • とーた
    • 2018年 5月 08日

    あ、シリピン・シラピン…微妙な発音なので、日本語で書く場合、どちらでもいいような気がします(笑)
    女の子3人連れてイサーンディスコとか、うらやましいです♪

      • 鶴次郎
      • 2018年 5月 09日

      女の子3人、というのは間違いです 笑
      正しくは、女の子2人+(明らかに男な)LB1人、です 笑
      ちなみに嬢の友人の女の子は、26歳なんだけど30代後半、にしか見えません 笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る