イサーンディスコで誕生日をお祝いされる~2018年9月記(16)

4日目の夜。

LKメトロの廃れたバービアでひっそりと誕生日を迎えた後、E嬢と26歳嬢の3人で、イサーンディスコへバイタク移動。

店の前ではすでにLBのKが待っており、12時半前ぐらいに4人で入店し、いつもよりステージから2列ぐらい離れた真ん中のテーブルに座ります。

ステージでは仲良しボーカルのスネ夫が唄の真っ最中にもかかわらず、曲の間奏でワイしてコップンカーップとあいさつしてきてくれました。

昨日までのタワンデーンも楽しかったけど、居心地の良さは個人的にナンバー1クラスのディスコです 笑。

いつ潰れてもおかしくない雰囲気が充満してますけど。

広 告

着席するとE嬢はすぐにコンビニに何やら買い出しに行き、戻ってくると小さいケーキとローソク1本を買ってきたことが判明。

ローソクはボトルの蓋に固定され、火をつけ、ハッピーバースデーと祝ってくれます。

小さくて地味なお祝いだったけど、祝ってくれる人がいるだけマシか、と 笑。

おそろしく甘いケーキを食べさせられ、誕生祝いはあっという間に終了。

そうこうするうち、ボーカルのスネ夫が一仕事終えてテーブルに。

ツンツンヘアなのでスネ夫というアダ名を付けた次第で、本人も小さい息子もドラえもん好きのため、かなり気に入ってくれてるアダ名です 笑。

イサーン出身ではない26歳嬢がイサーン踊り独特の手の動きが出来ないことを皆でイジリつつ、スネ夫が混ざってきてさらに楽しく飲むように。

すると途中でE嬢がスネ夫とヒソヒソ話しを始めます。

まぁ、この時点でピンと来てしまったわけですが、まったく気づかぬフリをしておきます 笑。

スネ夫が「ステージで仕事してくる」と言い残し、ステージへ。

客へのごあいさつやらのスピーチをして、「イープン」と「ハッピーバースデー」という単語だけは聴き取れたなぁ、と思ったとき、会場が暗くなってハッピーバースデーソングのタイ語版が。

スタッフが「HBD」のネオン板と何本かの火がついたローソクがささったケーキ2個を持ってこちらのテーブルに歩いてきます。

 

これ、今まで何回も見たことあるやーつ 笑。

まさか自分に降り掛かって、いやお祝いされるとは 笑。

めちゃくちゃ恥ずかしいです。

会場のお客さん達からも祝福されます。

実はこの後も、行き交うスタッフやトイレに行くお客さんなどが「ハッピーバースデー」と声をかけてきます。

中にはかなり酔った客のおばちゃんがアイ・ラブ・イープンと言って抱きついてこようとします 笑。

会場中の注目を浴びる中、ローソクの火をふうっっっと消すなんて、ホント恥ずかしかったです。

火を消すと照明も元通り、それまでのフツーの雰囲気に戻ります。

ケーキは先程のコンビニのケーキ同様おそろしく甘かったため、一口食べた後は他のメンバーで食べるようにおすそ分けすることに。

皆、アローイと言ってペロリと平らげました。

死ぬほど辛い料理食べたり、おそろしく甘い料理食べたり、彼女たちの味覚にはホントついていけません 笑。

広 告

色んな人に声をかけられ、ようやく一段落。

2時を過ぎた頃ボトルも空となってチェックビン。

そいえばあのケーキ代は含まれていたのだろうか。

明細なんて気にしないのでわかりませんでした。

自分で自分のケーキ代を払ったことになったのだろうか。

知らないほうがいい現実、として真相究明をしないことにしました 笑。

酔ったKが「もう一本飲んでこうぜ」と駄々をこねるのもいつもの事。

全員で置いて帰ろうとすると、しぶしぶKも帰ることに。

LBのKは26歳嬢と一緒にバイタクで、我々もホテルへバイタクで帰還。

タクシー来るまであと4時間も無いんですけど。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る