アヴェニューでランチの後はフットマッサージ~2018年7月記(8)

3日目。

部屋掃除のおばさんに起こされたのが2時前ぐらい。

嬢と支度してご飯へ。

あてもなくアヴェニューへ向かい、初挑戦のメニュー。

焼いた肉も卵焼きも生姜ももちろんご飯も美味しかったけど、刻んだ唐辛子は安定の激辛。

食べ終わっても口の中が焼けただれている感じのため、バービアに入ってビールで口内を冷やします 笑。

4時半ぐらいに店を出て、ブッカオを北上。

嬢がマーケットで服を買うのにお付き合い。

TREE TOWN辺りに、新たなディスコ?クラブ?が出来てました。

どんな感じか聞いてみたものの、嬢も行ったこと無いし、評判を聞いたことも無いようで。

「LBのKならゼッタイ知ってるよ!」との回答。

夜の遊びスポットなら知らないことはない、とも。

まじで?そんな凄いヤツだったの?あのKが?みたいな反応しておきます。

広 告

そんなこんなで歩いてマーケットに到着。

最近は訪タイのつど、嬢の服買いに付き合ってこのマーケットによく来るんですけど、いつもホントに客がいません。

よく経営が成り立つなぁ、と。

また、嬢の私服のセンス、決して褒められるようなものではなく、購入する服を見るたびに「あちゃぁ」と思ったりしています。

ワンポイントでアニメキャラクターみたいな刺繍が入ってたり、あるいは意味不明な英語がデカデカとプリントされたTシャツとか。

極稀に「これなんてどう?」的に小洒落た服を薦めてみるものの、一度も購入されたことはありません。

たぶん、買ってあげたところでどうせ着ることもないでしょうし。

てなわけでお買い物タイム終了。

広 告

ホテルに戻る途中、ふと思い立ったように、マッサージに寄っていこうと思いつきます。

考えてみれば、今まで二人でマッサージ店に入ったことなかったな、と。

さらに言えば、一昨年の9月以来、マッサージを受けてないな、と。

てなわけでブッカオの道沿いにあった健全マッサージ店へ。

店の前ではおばちゃん2人がヒマそうに客待ちしてました。

店内はフットマッサージ用の椅子が2脚と、奥に全身マッサージ用のベッド?が3つぐらいと、かなりこじんまりした感じ。

マッサージのおばちゃんも総勢3名しかいません。

30分のフットマッサージをお願いし、嬢は「痛くしないで」と注文したらしく、あっという間に寝付き、ほぼ起きることはありませんでした。

が、鶴次郎のほうがなされるがまま、けっこうな痛みを伴うマッサージに。

痛みに耐え、悶えていると、インド人2人組が入ってくるも、1人しか出来ないと言われ退散。

終わりかけの時間には、さらにファラン家族4人が来店し、鶴次郎たちと入れ替わりでマッサージが始まります。

けっこう繁盛しているのね。

マッサージ2人分とチップをお支払いし、夜6時半ぐらいに一旦ホテルに戻ります。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る