弾丸旅行で2日目が実質最終日からの帰国~2019年5月記(3)

パタヤ弾丸2日目。

明日は帰国日なので実質最終日。

昼前に起床し、E嬢の目覚めを待って、昼過ぎにでかけ、ブッカオ市場でご飯。

猛烈な暑さだったので、食後はAmazonCoffeeに避難。

テキトーに時間を潰し、クーラーが効いてるであろうビリヤード場に向かいます。

 

さすがにクーラーががんがん効いていて、涼みながら、飲みながらプレイプール。

2時間以上滞在して、相変わらずタイ嬢の割にビリヤードが上手くないE嬢を相手に、ほぼ五分五分の成績でチェックビン。

スポンサーリンク

ホテルに戻った後、夜になってE嬢のお店に。

同僚の秋元才加似嬢の元カレというイングランド人が来店してきて、彼のテキーラ祭りに付き合わされる始末。

ちなみにその元カレに「昨日来て明日帰る」と言ったら、真顔で「クレイジー」と言われました。

2週間滞在する彼からすると、そりゃクレイジーではあるけど、もう少し冗談が通じればいいのに。

その後はE嬢、秋元才加似嬢、元カレ、なぜか同僚嬢1人も一緒に、ソイニュープラザのバービアへ移動。

元カレの馴染みの店らしく、秋元才加似嬢を連れてきてるのに、その店の嬢ともイチャイチャ始める始末。

1人の同僚嬢は泥酔状態のため、先に1人で帰らせ、元カレがイチャつき始めたことで秋元才加似嬢が怒髪天モードに突入したっぽいので、E嬢とともに店を脱出することに。

腹減ったというので夜12時ぐらいにキスフードレストランへ。

そんな時間でも満員御礼に近いから繁盛しております。

昨日のハンバーガーに引き続き、ここでも完食できず、我ながら歳食ったなぁ、と 笑。

深夜1時過ぎにホテルに戻り、朝6時に迎えに来るタクシーに向け帰国準備。

実質2時間ほどの睡眠時間で目覚ましに叩き起こされ、E嬢を強制的に起こし、ドッキリ突然訪問のおかげか、いつになく感謝の言葉を述べられ、E嬢とお別れしてタクシーに乗車。

来たときのスクート同様、帰りのエアアジアもガラガラな状態で快適に過ごし、無事帰国。

スポンサーリンク

現地滞在36時間という弾丸訪タイはありか?

仮に、滞在先がパタヤでなくてバンコクだった場合、滞在時間がもう少し伸びて40時間ぐらいは過ごせるかと。

訪タイが半年も空いてしまう、というような場合にはヒジョーに有効かもしれませんけど、フツーに考えれば、ビミョーです 笑。

とはいえ、個人的にはややマンネリ化しつつある訪パタヤにおいて、ちょっと冒険心がくすぐられたのも事実。

次の訪タイがかなり先で、連休が取れず、週末+有給1日の3日間で特に予定も無く、航空券も往復2万円ちょっとぐらい、という条件が重なったときに再び実現するかもしれません。

ちなみに今年は7月と10月の訪タイ、9月に5年ぶりのマカオが控えております。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • ryu
    • 2019年 9月 15日

    お疲れ様でした。
    私も12月に4日間の弾丸パタヤに行く予定です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る