帰国便はホットシートだったけど~2017年9月パタヤ旅行記(21)

4日目の深夜。

イサーンディスコから2時過ぎにホテルに帰還。

 

 

実は一回戦消化後、嬢と大喧嘩になったのですが、かっこ悪いので割愛します 笑。

 

結果的には、嬢は「雨降って地固まる」みたいな感じで、気分良く帰っていき、鶴次郎は「今後どうしようかなぁ」と考えながらのお別れでした。

 

タクシーの時間となって、チェックアウトして、いつも通りのお別れして、ドンムアン空港まで爆睡。

前々回、5時半出発で2時間かからず。

前回、6時出発で3時間。

今回、6時半出発で3時間。

 

6時半出発で3時間でも、一応フライトに余裕で間に合うものの、バンコク市内の渋滞の他に、もし高速道などで事故渋滞してしまうと非常に危険です。

つことで、次回以降同じ便を利用する場合は、安全に6時出発ということにしよう。

広 告

 

帰国便はWebチェックインした際に、脚もとが広いホットシートが割当たっていたのでラッキーでした。

搭乗も優先だし、ドアのすぐ横なので、着陸時もすぐに機外に出られます。

 

が、座ってみたら、ドア横の何かの大きな箱のせいで足を伸ばすことできず。

何も気にしない外国人だったら、足をその箱に乗せるとこでしょうが、マナー良い日本人なのでそんなこと出来ません 笑。

IMG-7763

シートポケットも横にあるものの、普通の席のそれより小さいサイズ。

持ち込んだペットボトルを挟むのに一苦労。

鶴次郎は3人がけ窓側だったのでシートポケットが横にあったのですが、3人がけの真ん中となる隣の人、さらに通路側の人は、たぶんシートポケット無いんじゃなかろうか。

そのぶんその2人は足を伸ばせますけど。

 

無料でアップグレードしてくれたようなものなので文句は言えませんが、追加料金を払ってこのシートだったら、ちょっとイラッとくるかも 笑。

爆睡しながらも、足が箱にどかっと当たる度、おぼろげにそんなこと考えてました。

 

定刻通り成田空港に到着し、バスを1時間以上待って、帰宅です。

 

今回の旅行記、かなりグルメに偏りました 笑。

行動自体はほぼマンネリなので、仕方ないかもしれません。

その後、嬢とはつかず離れず、というか、こちらから連絡することは一切しなくなったけど、毎日のように連絡が来ます。

このまま続くようであれば、年明けに嬢の田舎のイサーン地方に行き、カンボジアに遊び行予定です。

いったいどうなることやら。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • nobu
    • 2017年 10月 21日

    鶴次郎 様
    お疲れ様でした。安定した内容にホットしています。
    喧嘩する程、何んとかと言いますよね。
    今回Mr.Tタクシーを初めて利用しましたが、普通の乗用車だったので少し拍子抜けしました。
    運転手は感じのいい青年で安全運転でした。
    中韓の大連休と重なり、パタヤはアジアン祭りでしたが、お気に嬢とまったり過ごせたので良かったです。
    また来年1月にバンコクですが、その後はお気に嬢とプーケットにでも行こうかと考えています。

      • 鶴次郎
      • 2017年 10月 22日

      nobuさん、無事に帰国、お疲れさまでした。
      Mr.Tは乗用車やオデッセイみたいな車が多い感じです。
      ドライバーの個人のクルマなんですかね?

      プーケット、僕も行ってみたいです。
      が、今のところ1月は嬢の田舎のイサーンと国境越えてアンコールワットに行く予定です。
      海辺のリゾートとは真逆の旅になりそうです 笑。

        • nobu
        • 2017年 10月 23日

        鶴次郎 様

        お疲れ様です。
        国境を越えてカンボジアですか… 良いですね!
        お気にはパスポートが無いので、国境を越えられません(涙)
        お気には海が好き(泳ぐ事も)なので国内旅行でリクエストされました。
        飛行機にも乗った事がないそうなので乗せてあげようかと(汗)
        何か保護者みたいな感じです(笑)

          • 鶴次郎
          • 2017年 10月 24日

          nobuさん、「保護者みたいな感じ」よくわかります 笑。
          こちらの嬢はパスポートを来月初取得するそうです。
          イサーンから陸路入国、バンコクまで飛行機、という予定ですが、あくまでも予定です 笑。
          とはいえアンコールワットには一人でも行くつもりなので、ついくる気がどこまで真剣か、が判明するんですけど 笑。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る