パタヤ水上マーケットの感想~2016年9月パタヤ旅行記(9)

パタヤの観光地を案内してくれるというKおばさん。

比較的新しい125ccのスクーターで出発します。

スクンビット通りをどんどん南下していきます。

安全運転で20分近く走ったでしょうか。

 

到着したのはパタヤ水上マーケット(Pattaya Floating Market)。

実は案内人のKおばさんも来るのは初めてとのこと。

前の人に続いて入場しようとしたら、外国人は有料、と係員に止められます。

まず、チケット売り場がよくわかりません。

広 告

正面の建物の背面がチケット売場なんですが、案内もなければ料金表も掲げておらず。

Kおばさんがうまく立ち回ってくれたので購入できたのですが、個人的に来場していた外国人はかなり戸惑っていました。

ちなみに入場料200バーツです。

img_5012

水上マーケットといえば、バンコクから3時間かかるダヌアンサドゥアックが有名で、鶴次郎もそんな雰囲気を期待していたのですが、全く別物でした 笑。
池?沼?の多くの水上コテージ(土産、洋服、食堂)橋で繋がっている、というものでした。

極稀に水上ボートに乗る観光客がいるようですが、ボートに乗る意味ありません 笑。

しかも、この沼?池?の水がとんでもなく濁ってます。

宮川大輔だったら「この水、死んでるやん」という感じです。

なんて思ってたら丸太ボクシングのセットもありました 笑。 img_5020

ぐるぐる歩き回るも目ぼしいものは何もなく、というか、この施設、たぶん中国観光客向けなんだろうなぁ、と。

至る所に中国文字の案内があるし。

 

というわけで、ぐるっと巡回して、ほぼ何も得ること無く見学終了です。

土産物も食べ物も、パタヤ市街に行けば安く買えますし。

高い乗船料(たぶん700バーツ)払って、死んだ水の上をボートで乗っても楽しくないだろうし 笑。

パタヤ水上マーケット、あまりにもヒマで行く所がどこも無い、という最後の最後に訪問する観光施設かもしれません。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る