ソイLKメトロのバチェラーとニンジャ~2016年9月パタヤ旅行記(13)

パタヤの観光地巡りと夕飯を終え、ホテルに戻ったのは夜9時前。

いよいよパタヤのゴゴバー巡りの始まりです。

ウォーキングストリートにも興味ありますが、ホテルに近いソイLKメトロから廻ることに。

 

まずはLKメトロを一往復して観察。

ハッキリ言ってどの店に入っていいのかわかりません。

パタヤに来る前に色々と情報を仕入れていたのですが、詰め込みすぎてどの店がどんな感じか、という重要なことはほとんど覚えておらず 笑。

スポンサーリンク

とりあえず客引きのコが目立っていたバチェラーに入店したものの、店内は半分に満たないほどの客入り。。。

ドリンクをオーダーし、ステージ上の7~8人と休憩中の10人ぐらいを眺めます。

目を引くのはわずかに僅かに1人だけ。

ステージ上のそのコを眺めていると、向こうも気づいたようで笑みを返してきます。

脱力気味だったダンスも時折力を込めて踊ってウケを狙ってきます。

なかなかノリがいいな、と。

すると、鶴次郎を指差して、ステージ前にぶら下がっている鐘を叩こうとするジェスチャー。

大笑いで「Noooo!」と返事しますが、同じやりとりが4~5回繰り返され、段々面倒くさくなってきます。

 

そうこうしているうちにダンスが終了し、次のチームの出番。

ノリが良かったコは呼んでもいないけど隣に来ました。

ドリンクをゴチするものの、友達呼んでいいか攻撃が激しくなってきたので、やっぱり面倒くさくなり、明日も来るよと言って退店。

 

次に入ったのはニンジャ。

まぁ店名からして日本人向けなのかなぁと思って軽い気持ちでの入店です。

8割以上の客入りで、先ほどのバチェラーより活気がある感じ。

サッカー日本代表のユニフォームを着た5~6人組(もちろん日本人)が入ってきて、かぶりつき席に案内されてました。

日本代表ユニフォームの5~6人組がかぶりつき席に座りほぼ真上を見る姿を、後ろから眺めていわけですが、ある意味壮観でした 笑。

スポンサーリンク

ここニンジャでもバチェラー同様に、ステージで気になるコを見つけ、今回はこちらから隣に召喚。

話しもけっこう盛り上がり、このコなら良いかな、と思ったもののショート3000だったので、それならWS行って更なる店を探索したほうがいいかな、と。

とりあえずこのコにも「明日来るよ」と言って、自ら保険をかけた状態で退店します。

 

WSを目指そうかと思ったものの、雨がぱらついてきました。

とりあえずソイブッカオの賑わいを眺めつつ、一旦ホテルに戻ろうと思った次第。

そしてこの後、この旅を彩る、最大の出会いが待っていたのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る