イサーンディスコで女子プロレスラー嬢の誕生日祝い~2017年4月パタヤ旅行記(15)

2日目の深夜。

イサーンディスコのTAMNAN KON E-SAN。

コンドームでスマホの防水を確認したLBのKで大爆笑した後は、しばし歓談タイム。

すると、なんと、深夜0時を越えた日が、女子プロレスラー嬢の誕生日ということが発覚。

横に座っていたLBのMC兄ちゃんがそのことを聞くと、なんとステージに上がって彼女の誕生日であると紹介し、バンド演奏で「ハッピーバースデー」が流れました。

 

♪ハッピバースデー、ディア○○~、の部分は皆が彼女を呼んでいましたが、鶴次郎はちゃんと「♪女子プロレスラー」と言ってあげます。

もちろん意味なんて理解されないから大丈夫 笑。

 

なぜ女子プロレスラーと呼んでいるか、というと、前回の訪タイの日記にも書いたのですが、女子プロレスラーみたいにガタイがいいから。

決して太ってはいませんが、肩幅広くて、なんというか、全盛時の長与千種とかライオネス飛鳥みたい、とでも言えばいいのでしょうか。

しかも、前回の初顔合わせのときには、刈り上げヘアで、サイドの刈り上げ部分に稲妻型の剃りこみが入っていたのです。

日本で歩いていたら、多くの人が女子プロレスラーと思うことでしょう 笑。

 

言動もちょっと男っぽいところがあるんですが、酒はあまり強くなく、酔うと少女っぽくなるからそれも楽しい嬢です。

この日のジャンケン一気大会ではかなりの確率で女子プロレスラー嬢が負けてました。

で、皆も彼女が酔うと少女っぽくなることを知っているので、楽しくてガンガン飲ませるわけです 笑。

広 告

で、ボトルが2本空いて、閉店の5時となったためお開きに。

飲みすぎました。

 

帰りはE嬢と鶴次郎がバイタク三ケツ、おばさんと横綱が三ケツ、LBのKは単身バイタク、そして女子プロレスラー嬢も単身バイタク。

E嬢と鶴次郎が先に出て、バイタク乗りながらイチャついていると、女子プロレスラー嬢が乗ったバイタクをすぐ横を颯爽と通過。

その際女子プロレスラー嬢は「イェーイ!!ハハハー!!」と超ノリノリだったわけです。

後日談ですが、その日彼女は勤務するバービアの駐車場までバイタクで戻り、自分の部屋まで自分のバイクで帰ろうとするも、けっこう酔っている自分に気づき、なんと、40分かけて押して歩いて帰った、と。

翌日にその話を聞いたのですが、それ以降は彼女のことを「ウォーキンバイク・レディ」と呼んでいます 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る