Mr.Tタクシーが値上げしていた~2018年7月記(2)

定刻より少し遅れ、エアアジア機は14時20分ぐらいにドンムアン空港に到着。

ドア近辺の席だったためかなり早く降りることができ、イミグレまでの道中に優先シートで先に降りた人たちを追い越していきます。

たぶん追い越された人々は「あいつ競歩の選手か?」と思ったことでしょう 笑。

今日も中国人で大行列かなぁと思いつつ、悪名高きドンムアン空港のイミグレに向けて歩を進めていきます。

広 告

が、まったく人がいません。

ロープで仕切られた通路をムダにクネクネしながらカウンターまで進み、わずか1人待ちでイミグレを通過。

飛行機降りて15分後には1Fまで降りていました。

過去最短時間かも。

毎度こうありたいものです 笑。

前回は4時間遅延だったので、Mr.Tタクシーも運転手の入替えだとかあったようで、配車係らしき人が電話しまくって20分待ちで空港を出発したのですが、今回は名前書いた紙を持った運転手をすぐに見つけました。

というか、鶴次郎以外にも3人ぐらい日本人の名前の紙を持った運転手が待機してました。

たぶん皆さんパタヤですよね。

ガラガラだった飛行機の割にMr.Tタクシーの利用率ってけっこう高いんだなぁと思った次第。

 

今回の運転手は見た目も運転もマジメな青年。

前回のムチムチ運転手を期待してたんだけど叶わず 笑。

どれだけ飛ばしても120キロ以上出さず、大体は100キロちょっとで走行。

でも、ラジオで、電波が悪いとスマホで、イサーンソングを大音量で流し、口ずさみながら運転してました。

 

で、毎回利用しているMr.Tタクシー。

これまで(前回利用の4月まで)は、ドンムアン空港からパタヤまで片道1300バーツでしたが、現在は100バーツ値上げして片道1400バーツになりました。

メールで予約するときに、1400バーツになったけどいい?いいならばもう一度返信して、と丁寧な応対。

まぁ、そんなに高いんじゃ他に頼むわ、というワケにもいかず(それでも他の会社は1500バーツだから高いし)、流しを捕まえて尚且価格交渉するパワーも無いので了承するしかないんですけど。

バンコクを抜ける際にちょっとした事故渋滞と途中のトイレ休憩を挟んで一路パタヤへ。

トイレ休憩ではエナジードリンクをプレゼントしておきます。

トイレ休憩は許せるんですけど、何度か遭遇した給油だけは、ムダに30分ぐらいかかるのいただけません。

広 告

ホテルはソイハニーだったけど、両替する必要があったので手前のブッカオ沿いで降車。

それでも2時間ちょっとかかって、17時前。

120キロ以上でかっ飛んでいれば、1時間半ぐらいだったかも 笑。

2軒ほどレート確認して、結局TTカレンシーで2987という微妙なレートで両替し、ファミマで歯ブラシセットを購入してからホテルにチェックインしました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る