嬢のバー閉店でゴーゴーやバービアの給料事情を知る~2018年7月記(3)

夕方5時ぐらいにチェックインを終えると、10分もせずに嬢がやってきます。

お土産の中からいくつかお菓子をピックアップして外出。

 

とりあえずお腹空いたしビールも飲みたいので名無し食堂へ。

ガパオとビアLEOをオーダー。

安定の味で満足し、合計155バーツでチェックビン。

広 告

嬢の店に行き、ここではハイネケンを飲みまくり。

ママさんやら嬢の友人やらにドリンクご馳走したり、日本のお菓子を振る舞ったり。

時折ビリヤードのご指名うけてレディたちと対峙するも、連戦連敗 笑。

初対面のファランからまたも「ジャッキー・チェンに似てるな」と言われ、ちょっと凹んだり 笑。

これで4回連続見知らぬファランからジャッキー・チェンに似てると言われました。

ちなみに先週、会社の仲間とフィリピンパブに言ったら、やっぱり「ジャッキー・チェンに似てる」と言われる始末。

厳密にはジャッキー・チェンじゃなくて、シェンロンだかチェンロンという、成龍という中国語名での呼び方だったのですが。

真剣にカンフーでも習おうかな。

広 告

そして話題はお店がクローズする話に。

なんつーか、日本だとどんな顔して聞いていいのか難しい話題なんで、けっこう気兼ねしてたものの、皆さんあっけらかんとしてる感じで肩透かし。

バービアがクローズの後、働きたいレディは系列のゴゴで働ける、という条件。

で、とりあえずはほとんどのレディがゴゴで働くみたい。

とはいえ、ダンサー(ペイバーOK)、コヨーテ(ペイバーNG)、給仕(ペイバー一応可能)と職種はバラバラ。

E嬢はコヨーテになるらしい。

 

驚いたのが給料の高さ。

ちなみに以前のバービアでは、4500バーツ/月、現在のお店は6000/月だけど、現在のみドリンクノルマがある。

ただ、1ドリンクにつき50バーツのキックバック。

1日5杯、1ヶ月150杯のノルマ達成すれば給料の他に7500バーツの収入が。

で、ゴーゴーのコヨーテ嬢は、10日勤務で1万バーツ。

休みナシで30日勤務すると3万バーツ。

ドリンクノルマはやはり1日5杯計算の、10日で50杯とのこと。

キックバックがあるのかは不明。

広 告

すごい高額な給料なんですねぇ。

ビックリしました。

でも、「ゴゴバーだけはダメ!」という母親のもと、コヨーテとしてもNGなのか許可が降りるか不明とのこと。

日本人向けカラオケ店、という選択肢も個人的に持っているようだけど、鶴次郎がちょっと調べただけでも、パタヤのカラオケはかなり厳しいみたい。

本人はコヨーテ嬢に乗り気で、稼いだら日本に行ける、なんて言ってますけど、どうなることやら。

 

そんなこんなで9時ぐらいになり、いったんホテルに帰還。

ディスコにでも行くつもりだったのに、不覚にも二人で爆睡してしまい、ムダに初日の夜を過ごしたのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る