バービアからの記憶を失った初夜~2017年4月パタヤ旅行記(7)

嬢の勤務するコヨーテバーを訪れペイバー代と飲み代を払った後は、嬢が以前勤務していたバービアへ。

相変わらずのパワフルママさん健在。

で、E嬢にあげたお土産のポッキーだのインスタント味噌汁をおすそ分け。

 

陽気な嬢たちも健在。

 

んー、居心地いいです 笑。

で、気づいたら相当酔ってました 笑。

 

 

深夜便で早朝にパタヤまで着て、そのままビッグブッダに行き、夕方前ぐらいから飲み始め、この時点でたぶんハイネケンだけ20本以上飲んでました 笑。

 

このバービアで670バーツ払った後、たぶん、おそらく、二人で夕飯を求めてブッカオ市場へ向かうも、ほぼ閉店で、しぶしぶホテルに戻ろうとするも、嬢がトイレに行きたいから道沿いのバービアに入ろう、と。

で、ここでもハイネケンを注文したけど、さすがに飲み干せず 笑。

200バーツを払ってホテルに帰還、したはず 笑。

広 告

ピンぼけの写真と支払った金額のメモと、おぼろげな記憶をつなぎ合わせると、たぶん、こんな行動だったのだと思います 笑。

夜の10時にはホテルに戻ったわけですが、もう記憶がありません 笑。

致すことを致したのか、たぶん、してない、できなかったと思われます 笑。

猛烈な酔いと睡魔に襲われた記憶があるので、シャワー浴びて、のび太くん並にすぐに寝たのかと。

そう考えると、深夜便での訪タイは体力的にかなり厳しくなってきたのかも 笑。

いい加減、トシなのかな 笑。

 

半年前の11月のときは深夜便でも初日の夜は元気に行動できてたのに。

でも、深夜便って現地滞在時間が長くできたり、タクシーでもバスでも早朝の空いてる高速道路を利用できるから時間の有効性は非常に高いんですよねぇ。

 

初日にグロッキーになってしまったのは、前日までの日本での過ごし方が悪かったんだ、と割り切って考えるようにしようっと。

そんなわけで初日の夜は、ぐっすりと睡眠を取る夜となりました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る