ドンムアン空港のイミグレは混雑ナシだった~2017年9月パタヤ旅行記(2)

ドンムアン空港に到着したのが現地時間14時前。

前回の訪タイ時は深夜便だったのに2時間待ち。

さらに先月8月には、まさしく今の時間帯に5時間待ちとなり、世界に誇る悪名高いイミグレです。

その8月以降はレーンを増設するとか、タイ人はイミグレ不要になった(なる?)とかで一応の対策はしているとのこと。

とはいえ、ここはタイ 笑。

良き情報を鵜呑みにして騙されてはいけません 笑。

広 告

着陸から猛ダッシュで走っていく数名を除いては、かなりの超早歩きで他の追随を許さない鶴次郎 笑。

どれだけ長蛇の列なのか、不安いっぱいでイミグレに向かいます。

 

が、歩けど歩けど人混みは見えず。

 

気がつけばイミグレ。

 

ん?

全く人がいない!

 

誤って乗換専用イミグレとか優先専用イミグレに来てしまったのかと。

しかしれっきとした外国人の普通入国者用イミグレです。

 

呆気にとられているうちに2人ぐらいに追い抜かれ、それでも3人目。

どのレーンを見ても3人ぐらいの列。

 

少ないファランを見かけるものの、大陸な人たちの姿が一切見えません。

これは別途大陸人専用レーンでもあるんかな、などと考えているうちに、あっという間に自分の番。

で、あっさり通過。

 

飛行機降りて、歩いて5分、イミグレ並んで5分なので、10分後には入国が終わってました。

 

日本で搭乗する直前にネットで見かけた「ドンムアンのイミグレで撮影見つかると罰金2000バーツ」という情報を入手していたので、写真はありません 笑。

これだけガラガラだったら、撮影してもすぐバレてしまいます 笑。

たぶん、悪名高きイミグレの拡散を防止したい意向なのでしょう 笑。

 

てなわけで光の速さでイミグレを通過。

預け荷物がない鶴次郎はそのまま両替所に向かい、行きのタクシー代分だけを、0.287という劣悪レートで両替します。

moneyexchange_dm

次に向かったのは、トラベラーズSIMの購入。

別に意識していてるわけではないけど、キャリアはTrueMoveで。

ドンムアン空港ではいつもTrueMoveの近くに出ることになり、いつも人が少ない。

スワンナプーム空港ではちょっと離れているぶん、客が圧倒的に少ない。

というかAISだけが大陸な人たちでいつもいっぱいです。

そんな理由でいつもTrueMoveになっている次第です。

広 告

7日間199バーツのSIMを購入し、パスポートとイミグレ待ちの間に日本語から英語表示に切り替えておいたドコモ製iPhoneを渡し、ものの2~3分で設定してくれます。

一度だけ再起動用パスワードを入力してあげれば、はい完成。

 

この時点で飛行機降りて20分しか経っていません。

自分史上最短記録です 笑。

毎回こうあってほしいものだと思います。

あらかじめ申し込んでおいたMr.Tタクシーの運転手と合流すべく、指定された待ち合わせ場所である、6番出口付近に向かいます。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る