タイ人は酸っぱいのが苦手?~2017年1月パタヤ旅行記(6)

ドンムアン空港の着陸から4時間かけてようやくチェックインも終わり、荷物を片付け、日本の冬仕様の服からタイの夏仕様へと着替えを済ませ、すぐさまE嬢のいるバービアに向かいます。

日本からのお土産、E嬢用のやつは部屋に置いたまま、バービアのママや嬢たちのお土産を持って向かいます。

 

ちなみに持っていったお土産は、甘いスナック菓子が大好きなママ向けにイチゴ味ポッキーの大袋、というか、大袋を渡せば皆に配るだろうと想像していましたが、結局全部独り占めされました。

それと、E嬢向けには永谷園のお味噌汁その他を渡すので、もっと安い、インスタント味噌汁を。

これは1食づつ切り離して使用するタイプなので、1食づつ切って、嬢たちに渡します。

 

で、バービアに到着し、文字通り駆け寄ってきて抱きついてきたE嬢。

この時点では、先日まで続いてた不仲状態のため、今回が最後かなぁなどと思っていたのですが、満面の笑みで駆け寄ってきて抱きついてきて、そして、すぐに謝ってきたことで、とりあえず考えは無かったことにしました 笑。

 

バカですね 笑。

 

で、めざとく手土産を見つけたママもすぐに寄ってきて、アリガト、と言いながらポッキーの袋をすぐに開け、食べ始めたのでした。

つか、ママへのプレゼントなんてまだ一言も言ってないんですけど 笑。

 

ものすごく美味しかったようで大喜びのママ。

嬢たちも、いいなぁ、という目を向けるのですが、ママは大袋をカウンターに持っていって自分のバッグに忍ばせてしまうのでした。

鶴次郎だけ大笑い。

嬢たちは笑いながら不満だらけ。

広 告

で、嬢たちにはインスタント味噌汁を切って渡してあげました。

皆、物珍しそうに見入ります。

 

インスタント味噌汁はおろか、ペースト状のインスタントスープみたいなのって多分見たこと無いみたいです。

ジャパニーズ・ミソスープと言うと、ようやく理解し、パッケージ背面の作り方を見せてあげます。

とはいえ、ホットウォーター、150g、だけなんですけど 笑。

この時点ではE嬢の土産はなかったので、つまみ用に持参した、よっちゃんイカを食べさせてみます。

 

すると、

 

なんと、

 

激マズ!!!!!のしかめっ面 笑。

 

イカ自体は大丈夫らしいですけど、とにかく酸っぱいのがダメらしいです。

死ぬほど辛い料理を食べるくせに、わさびや酸っぱいのがダメとは、ホント不思議です。

ちなみにママは、すごく美味しい、と言って、残りを全部口に運んでしまいました。

ホント、がめつい人だ 笑。

 

空腹の絶頂で、つまみも無くなりビールも2本飲んだので、E嬢とご飯を食べに行くことにします。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る