2017年7月のパタヤ旅行、帰国直後の総括

201707171000

3.5泊という短期日程でのパタヤでした。

今回もE嬢とずーっと一緒の滞在だったのですが、それなり(?)にちょっとしたアクシデントもあり、充実というかちょっとした波乱含みの旅行となりました。

 

滞在中に嬢の関係者にtwitterをフォローされてしまい、派手な書き込みができなくなってしまったという個人的なダメージ 笑。

こっそり別なアカウントに移行しようか悩み中です 笑。

 

波乱含みの中身として、まず、ちょっとしたトラブルに遭遇し、行きのエアアジア便が足の伸ばせるシートに変更してもらえました。

これは結果的にラッキーでした 笑。

 

ドンムアン空港には予定より30分も早く到着したのに、イミグレに2時間近く待たされる大渋滞。

 

朝方5時にパタヤのホテルにチェックインして嬢が来て、目覚めたら3時。

出かけようとしたら猛烈スコールにより、ムダに一日目の昼を過ごすハメに。

もったいない過ごし方となります。

 

その日の夜、いつものイサーンディスコに行くと、超満員となった午前3時に警察のガサ入れに遭遇。

警察と入国管理局の合同ガサ入れ+尿検査による薬物検査でした。

奇跡的にパスポート原本所持していて無事クリアしたものの、不携帯だったらと思うとぞっとします。

広 告

翌日は毎回恒例となったワットプラーヤイへのタンブンと、個人的に初となる映画館での鑑賞に。

客が嬢との2人だけという貸切状態でした。

 

実質最終日は、スイーツを買いに行くとう嬢に連れられるまま、行ってみたらウォーターマーケットだったというオチ。

またもイサーンディスコに行き、それまでLBと断定していたMCが、まさかの妻子持ちという驚愕の事実を知ります。

 

朝方6時にタクシーが来て、来る時は真夜中だったため1時間半の道程が、バンコク渋滞にはまって3時間かかりました。

まぁ、渋滞も予想して3時間かなぁと考えていたので、想定の範囲内で良かったです。

 

成田空港からのリムジンバスの乗り合いが悪く、結局帰宅したのは深夜0時。

パタヤのホテルを出発してピッタリ18時間も要しました。

広 告

今回、一番苦しんだのが3000バーツを割った劣悪レート。

遊び方もこれまでより地味な金の遣い方だったのに、財布の中は空っぽでの帰宅。

 

ちなみに昨年9月には1万円で3400バーツだったのが、2980バーツ。

10万円を両替すると4200バーツもの差になります。

次回は9月中旬の訪タイの予定ですが、レートだけでも何とかならんものでしょうか。

もうトランプ政権大スキャンダルでも無い限り、3200とか3400バーツへの円高は遠い目標ですね。

 

このバーツ安も影響しているかわかりませんが、雨季ということもあって、長期滞在ファランが物凄く少なかったです。

ゴーゴーは行ってないのでわからないものの、バービア嬢もファラン客に合わせるように田舎帰りが多いらしく、客も嬢も少ない閑散期でした。

ファラン客が少ないのは別にどうでもいいんですけど、嬢が少ないというのは面白味に欠けます。

またおかげで東アジア割合が多く感じることで、日常からちょっとイラッとすることも多かったです。

9月には嬢もファランもそこそこ回復するようなので、高レートになることを期待して、また2ヶ月を乗り切ろうと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る