4人引き連れムーガタへ~2018年4月パタヤ旅行記(16)

IMG_9285

パタヤ4日目の深夜。

1時ぐらいに嬢の店に2人で戻り、2時の仕事上がり待ち。

初日の夜にムーガタへ一緒に行った26歳嬢と45歳嬢を待つことに。

うーん、お金あればさっさとペイバーするとこだけど、1人1000バーツはかなり痛い。

なので、素直に仕事上がりを待つことに。

ホントはもう一人、嬢の実家と近所の嬢も来る予定だけど、ショートでペイバーとなり、遅れて合流するとのこと。

一体どんな顔して顔合わせればいいの?

広 告

ようやく2時をまわり、友人嬢も仕事上がり。

初日の夜はなぜかクローズしていた、サードロードのBangchaing(バンチュアン)へ2台のバイタクで移動。

これまでの貧乏クジ運だと、今日もクローズ、という流れだと思っていたものの、無事に営業中。

通された席は、なぜか初来店の前回と同じテーブル。

日本人優先のテーブルだったりして 笑。

IMG_9290

前回はチムチュムだったけど、今回はムーガタを。

嬢が3人もいると、何もしなくていいのでラクちん。

準備していると、ショートペイバーで一仕事終えた嬢も合流し、総勢5人のムーガタ会。

IMG_9283

店内にポータブルカラオケセットで歌うおっさんがやってきます。

タイの演歌みたいな歌を唄ってます。

E嬢が「チップ払え」と催促してきたので、しぶしぶ20バーツお支払い。

大して巧くもない歌に、なんで払わないけないんだろう。

と、ここで思いつき。

日本の歌を唄って、嬢たちからチップをもらおう。

嬢たちに提案すると、上手だったらチップあげる、と。

ちょっとだけ考えて、タイでも流行っているという『恋するフォーチュンクッキー』の知っているサビの部分を、見よう見まねのフリつきで披露。

地元のタイパブとかフィリピンパブで、レディたちが歌うカラオケの画面で見ただけですけど。

これがなぜか大爆笑で大ウケ。

無表情で応対していたおばさん店員まで笑ってます。

そんなにオンチなんか?そんなにフリつけがヘンなのか?

よくわかりません。

26歳嬢が涙流しながら財布あけて20バーツ札を取り出したので、チップは冗談だよ、と言って仕舞わせました。

うーん、なんでバカ笑いされたんだろう。

広 告

そんなこんなしているうちに鶴次郎はあっという間に腹いっぱい。

それでも彼女らは腹半分ぐらいでしょうか。

それからもトークで盛り上がりながら、ばくばく食べてました。

4時ぐらいにようやくお開き。

2時間後にはタクシー来るんですけど。

バイタクでホテルまで戻るのかと思いきや、ショートペイバーしていた嬢がクルマで乗せていってくれるって。

バービア勤務でクルマ通勤?イサーンのド田舎出身なのにパタヤで運転?などなど色んな疑問が浮かんだものの、口には出さず 笑。

26歳嬢が運転する4ドアセダンに揺られ、ホテルに戻りました。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る