美味いムーガタ屋で大宴会~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(14)

IMG_8384

スリン滞在2日目の夕方。

ブリーラムのパノムルン遺跡とコンビニと雑貨店に寄って、お婆ちゃんの家に戻り、お婆ちゃんを乗せてすぐに出発。

嬢から、ムーガタ屋に行く、と聞きます。

つか、いつも嬢から教えられるんですけど、どこに行くにしても選択肢というか、行きたい行きたくないという意見すら訊かれません 笑。

そのムーガタ屋は幹線道路沿い、嬢の家から3kmほど走ったところにありました。

広 告

壁が無い、いかにも『ザ・ムーガタ屋』みたいな感じです。

パタヤのムーガタ屋同様に、食べ放題料金。

たしか、シーフードまで食べ放題で1人250バーツだったかな。

子供3人を含む、総勢11名による、3卓を囲んでの大ムーガタパーティです。

とはいえ、弟と一緒に来た1人だけ知らない若い男性がいたのですが、結局最後まで誰だったのか不明 笑。

でも、たぶん、親戚の誰かだと思います 笑。

IMG_8385

このムーガタ屋、意外にも肉が美味しかったです。

パタヤのムーガタでは、なんというか、とんかつに使いそうな肉、けっこう固くて白い脂身の部分が半分近くある感じ、なのですが、この店は赤身で柔らかく、食べやすい肉でした。

E嬢や叔母さんから、パタヤとどっちが美味しい?と訊かれたので、ご要望通り「スリン!」と答えておきました 笑。

 

肉以外の食材はそれほど大きく変わらないです。

ただ、さすがイサーンの田舎の人たち。

信じられないくらい辛いタレを、信じられないくらいべたべたにつけて食べてます。

口に入る量は、具材と同じくらいじゃないか、というぐらい超辛タレを胃に放り込んでます。

IMG_8387

感心するしかないです 笑。

ちなみに小さい子供たちも、フツーに辛いタレで食べるんですね。

日本では子供向け甘口カレーとかあるんですけど、タイではそんなことお構いなしに、子供の頃から辛さに耐えられる味覚が養われるんだなぁ、と。

IMG_8383

それと、弟だか親戚の男だかが酒屋で買ってきたビール。

ドイツのKaiserdom(カイザードーム)というビール。

これがかなり美味しかったです。

なぜにタイの田舎でドイツのビールなのかわかりませんが 笑。

広 告

かなり早い段階で腹いっぱいとなってしまい、カイザードームのビールをちびちび飲んでたのですが、E嬢と叔母さんから謎の提案が。

鶴次郎、E嬢の弟、その友達だか親戚の男、三人でカラオケ行ってくれば?と。

ディープな世界に興味あったので、グッドアイデア!と快諾したのですが、他の2名は乗り気じゃない様子。

ここから何故か三人(鶴次郎、E嬢、叔母さん)で男2人に説得を始めるのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る