マカオカジノの規模と売上ランキング

glandrisboa

マカオのカジノは今やラスベガスを凌ぐ、世界最大のカジノ地区です。

2014年の上半期では、当時の為替相場で1兆8520億円を誇ります

11月現在の為替相場では、さらに円安となるため2兆2500億円規模となります。

ラスベガスの約5倍もの売上規模です。

おそらく中国からの富裕層によるものと考えられるでしょう。

すごいものです。

ちなみに日本のパチンコ市場は、さらにマカオの10倍、20兆円市場と言われています。

カジノ法案は頓挫した状態となっていますが、なんとか実現してほしいものです。

 

マカオのカジノ売上ランキング

2014年上半期では、全35店舗のうち上位8店で売上全体の3分の2を占めています。

1位 ギャラクシー(澳門銀河) 249億パタカ

2位 ウィン(永利澳門) 203億パタカ

3位 シティ・オブ・ドリームズ(新濠天地) 196億パタカ

4位 MGMグランド(澳門美高梅金殿)

5位 ベネチアン(澳門威尼斯人)

6位 グランドリスボア(新葡京)

7位 サンズ(金沙城中心)

8位 スターワールド(星際)

となっています。


ギャラクシーマカオ
galaxy

TOP3のカジノの規模は、

ギャラクシーには600卓、1500台のスロット。

ウィンには390卓、1200台のスロット。

シティオブドリームスには400卓、1300台のスロット。

となっています。

ちなみに4位のMGMは、375卓、900台のスロット、となっています。

基本的には規模の大きさに比例して、売上も大きいといった感じでしょうか。

 

我々のなけなしのカネで儲けやがって、と思いたくもなりますが、

売上の8割以上はVIP客による売上と言われています。

ケタが2つも3つも違う賭け金でプレイする人たちですね。

日本の某製紙会社の会長はカジノで100億円も使ったというので、そういう人が世の中には沢山いるんですね。

 

カジノが怖いのは、大小(Sic-Bo)やバカラなど、単純に2分の1の確率のゲームでも、勝率は勝ち越すのに金額ではオケラに、ということが多々あることです。

大小(Sic-Bo)の基本

バカラの基本ルール

仮に1万円づつ賭けて、60勝40敗であれば、20万円が手元に残る計算です。

 

ところが、なぜか手元にお金が残らないことがなんと多いことか。

これは単純に「大枚を叩いて勝負」したときに負けるからです。

また、勝ち逃げがとにかく難しいからです。

なんとか、うまく勝ち逃げしたいのですが、そうはうまくいかないんですよねぇ。

マカオのホテルはExpediaが安い理由


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る