プミポン国王葬儀日の嬢の行動

20171026

プミポン前国王の葬儀が始まりましたね。

日本の皇室からは秋篠宮ご夫妻が参列されている様子。

皇室同士の結びつきがもともと強い両国、今後もより良き関係であることを願います。

 

26日から始まる葬儀のため、バーなどは25日深夜となる0時にほぼ全店がクローズとなり、コンビニも26日15時ぐらいに全店クローズ。

国中が喪に服し、バンコクの王宮前にはなんと2万5千人もの参列者が。

タイ人のFacebookを見ると、多くの人がプロフィール写真に喪章をつけたり、画像を白黒にしたりして哀しみを表しています。

プミポン前国王、ホント、国民に慕われていた偉大な方なんですね。

 

で、パタヤの嬢からの情報。

バーは25日深夜にクローズ、26日は完全オフ、27日夜から営業らしい。

でも27日はクローズの可能性もあるんだとか。

広 告

当初は3日間ぐらい完全オフの可能性もあり、田舎の実家に帰ることを想定していたものの、休みが1日か2日しか無くなったため、里帰り中止に。

25日深夜にクローズ後、コンビニで食料調達していました。

で、昨日の26日。

嬢はサウスパタヤロードとセカンドロードの交差点付近にある、お寺兼献花台に向かいました。

彼女のアパートはサウスパタヤロード近辺なので、歩いていける距離です。

 

が、行って見たら、人、人、人の大行列。

どうやらサードロードのほうまで伸びていたみたい。

ちなみにトップ画像は嬢が送ってきた実際の写真です。

 

で、昼前ぐらいに行列に並び始めたものの、途中で断念し、夕方に一時帰宅。

変にアパートが近いからでしょう。

遠くまでわざわざ行けば、一時帰宅なんてしないし、できません。

つか、昼前から夕方まで並んでいたのに一時帰宅なんて、逆にもったいないとも思いますが。

 

で、夜7時過ぎに再び並び始めました。

が、無念にもタイムアップ。

お寺がクローズの時間となったそうです。

 

つか、間に合うかどうか、かなり早い段階でわかりそうな気もするんですけど(以下略)。

結局、お寺に行けず、献花もできず、再び帰宅。

「腹減って死にそう。お店やってない!」と言ってきたんですが、前日に食料調達したでしょ、と。

すると、それは昨日食べる分だけ、だって 笑。

なんつー計画性のなさ 笑。

で、あまりにも腹が減って、どういうわけか、自分の髪の毛をカットし始めたのでした。

 

カット完了後に連絡が来て新髪型を見ると、前髪が眉上パッツンになっていました。

なんか、小学校低学年の子供みたい。

必死に笑いをこらえました。

我慢できなくなって、スマホに顔が映り込まないよう、向きを変えて笑いました。

本人には、ちゃんと褒めてあげましたが。

 

プミポン前国王の葬儀日。

個人的には「嬢のパッツンヘア」という強烈な思い出となった日となりました。

 

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る