ブッカオの大繁盛バミー屋~2017年9月パタヤ旅行記(14)

IMG-7726

3日目の深夜。

バービアで遊び呆けて飲んだくれて。

セカンドロードは逆方向でソンテウに乗れず、というかソンテウなんて走ってなく。

E嬢と叔母さんの3人でとぼとぼ歩いて南下。

深夜2時過ぎのセカンドロードの北側(セントラルロードより北側)って、バイタクすら見当たらず。

 

E嬢と鶴次郎はほろ酔い気分で歩いていたものの、叔母さんは吐く寸前 笑。

オエッ、オエッと言いながら千鳥足 笑。

でも吐くまでは至らず。

 

セントラルロードまで歩いてくると賑やかでバイタクも簡単に捕まります。

で、ホテルに戻るのかと思いきや、300mぐらい走ったら、メシ食ってこう、と途中下車。

ここまで歩いたんだから(というか、後で確認したら3kmぐらい歩いてた)、300mぐらい歩けよ、と思った次第 笑。

 

地元民には美味しくて超有名店のバミー屋らしいです。

たしかに並べられているテーブルは満席で、待っている客も。

場所は下記を参照くださいまし。ファミマの隣です。

順番が来てテーブルに着き、注文はお任せ。

それにしても深夜3時なのに満席って。

スグ横をゴミ収集車が生ゴミ回収していって、すごく臭いし 笑。

 

ほどなくしてバミー登場。

卓上の各種調味料で味付けします。

味付け前に一口すすると、見た目以上にすっごく濃厚です。

濃い味付けというわけではなく、内臓系と思われる具材のエキスが濃厚、という感じです。

IMG-7728

調味料も何がなんだかよくわからないものの、見よう見まねでブッこんでいきます。

とりあえず、「No1辛いよ!」という赤いヤツだけは、少しにしておきました。

 

で、自分なりに美味しいと思われた完成形、E嬢が一口すすって「辛い!バカじゃないの!?」というツッコミを頂きました 笑。

現地人に辛いと言わせて、ちょっと優越感 笑。

叔母さんが、私のほうが辛いに決まってるわよ、的に一口すすめられ、スープを口に入れた瞬間、口から火が出るかと思うほどの辛さでした。

うーん、タイ人の味覚、やっぱりヘンだ 笑。

広 告

肝心の、料理の総合的な判断ですが、ありではあるけど、並んでまで食べるほど?という感じです。

個人的には昨年9月に行ったハリウッド近くのバミー屋のほうが全然美味しかったんですけど。

たぶん、内臓系の濃厚さが地元民にウケる秘訣なのでしょう。

とはいえ、たぶん1杯40バーツぐらいと、コスパで考えれば上々です。

 

それにしてもイサーンディスコの帰りにいつも横を通っていたのに、こんな店あるなんて全然気づきませんでした。

たぶん営業は夜だけ。

ブッカオのバミー屋、ファミリーマートの角と覚えておけば、スグわかります。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る