ファランと一緒にソンクラーンを楽しむ~2017年4月パタヤ旅行記(10)

IMG_6707

パタヤ2日目の午後。

思わぬLB店での水かけ遊びを楽しんだ後は、通りを挟んだ向かいにある当初の目的だったE嬢の知り合いのバービアへ。

1時間ぐらい前に行ったときは準備中でしたが、この頃には大騒ぎで水かけを楽しんでいました。

ママさんや嬢たちは互いに頭から水かけあったり、道行く人に水かけしたり。

 

で、お店に来ていた4人ぐらいのファランたちが激しく楽しんでました。

バズーカみたいな水鉄砲やデカイライフルみたいな水鉄砲を使って道行く人をターゲットに。

 

客であるファランたちが激しくなるにつれ、ママさんや嬢たちも激しさを増していきます。

道路の穴開きマンホールの上に座り込み、滝行みたいに水かけられまくる嬢とか。

もう彼女たちは全員裸足だし。

 

このバービアに来て1時間ぐらいはそんな光景をボケっと見ながら、たまに頭から水をかけられつつ、ビールを飲んで過ごしていました。

しかし、部外者を装っていた鶴次郎ですが、ある事をきっかけに当事者となります。

 

それは、通りを挟んだLBバービア店と水かけ戦争が始まった、ことでした。

酔っぱらいファランが通りの向かいのLBたちに向かってバズーカ水鉄砲を撃ち込んだことをきっかけに、報復が報復を呼び、さらに先程まではLB店にいたはずの鶴次郎とE嬢を、LBたちが裏切り者扱いして水をかけてきたのでした。

もちろん皆、大笑いしながらの戦争ですけど 笑。

 

鶴次郎は先程までソンテウに向けてバケツで水かけしていたのですが、ここからはもっと遠くのLB店まで届くよう水かけしまくりです。

翌々日までちょっと筋肉痛になるくらい、がんばっちゃいました 笑。

 

味方となる酔っ払ったファランは道路中央まで行って水かけするも、脚もとおぼつかず派手に転んだり、店の階段部にスネをぶつけて涙浮かべて痛がってたり、と水かけ以外でも笑わせてくれました。

 

ちなみにトップ画像、LB店からこちらに水かけですが、後になって写真を嬢に見せ「トドの水浴び」と教えたら、大爆笑してました。

 

こちらのバービア、向こうのLB店、散発的に水かけし合うも、お互いの店を行く人達には抜かりなく水かけ。

極稀にマジになって避けていったりする人もいるんだけど、ちょっと謎。

 

あと、やはり日本人は盛り上がり方が下手というか、水かけられても反応が鈍いというか。

もし来年以降ソンクラーンに出陣する人がいれば、ぜひ参考にしてください。

水をかけられたり、顔に白いの塗られたりしたときは、ハッピーニューイヤー!もしくは、ハッピーソンクラーン!と言いながら水かぶったり塗られたりしてください。

相手側も喜びます。

ウワッと言ってすぐ濡れた服を気にするようでは相手側も面白くない感じです。

 

気づくと夕方。

風が吹くと寒く感じるようになり、たぶん、一応日没までが水かけタイムのためお開きっぽくなってきたので、嬢と一緒にホテルに帰還します。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る