バービアからムーガタ屋へ~2017年7月パタヤ旅行記(9)

IMG_7231

2日目の夜。

恐ろしく寒かったパタヤの映画館初体験を終え、夜8時過ぎ。

今日もE嬢のおばさんのいるバービアに向かいます。

 

雨季ということもあり、毎日のように閑古鳥が鳴いているバービア街。

訪パタヤの間、どの店も、客も嬢も少なく、寂しい感じでした。

 

当初の予定では、昨日の時点でLBのKがオススメという、別のイサーンディスコに行く予定でした。

が、その後のがさ入れによって、E嬢もおばさんもどうも乗り気じゃない感じ。

 

で、結局はこの日の夜はディスコ無しに。

まぁ別に構わないんですけど、行く気まんまんだったLBのKに、二人とも連絡をせず。

あまりに不憫に感じ、FacebookからKに連絡してあげました。

タイ女性(男はよく知らない)って、こういうスケジュール変更というか、連絡を密(みつ)にとる、ということをしないんですよねぇ。

たぶん、連絡を待つほうも、大して気にしないお国柄なのでしょう。

そういうところ、日本人は我慢できないです 笑。

広 告

というわけで、この夜はE嬢とおばさんの3人でムーガタを食べに行くことに。

そういえば、ムーガタっていつもE嬢と二人きりだったので、3人以上で卓を囲むのは初めてです。

 

バービアを出るとおばさんがバイタク捕まえようとするので、E嬢と二人で慌てて制止します 笑。

いつも行くサードロード沿いのムーガタに向かうのですが、その店はE嬢とおばさんの2人でも良く行くお店なのに、2人で行くときアパートがあるサウスロードのさらに南から出発するので、おばさんの脳内では『ムーガタ屋=バイタク』という図式が成立していた模様。

というか、バービアとサードロードのムーガタ屋の距離感というか地理感覚がほぼ無かった感じ 笑。

まさに『地図が読めない女』です 笑。

以前、E嬢もビーチロードのソイの並びを理解していなかったことがあったので、タイ人女性共通というより、E嬢一家の遺伝的なせいかもしれません 笑。

 

そんなこんなでムーガタ屋に到着したのが夜11時半。

準備作業を女性二人におまかせし、鶴次郎はポテトフライをキープしてつまみとし、ちびちびとビアシン飲んで待つことに。

嬢二人は網焼き場で魚介類も焼いている様子。

 

で、実食の時間。

いやぁ、女性二人いると、ただひたすらに食べるだけでいいんですね 笑。

なんてラクなんでしょう 笑。

IMG_7232
いつもE嬢と二人だけなので、これがなかなか忙しい。

茹ですぎに気を使ったり、肉をひっくり返すタイミングを図ったり、けっこうやることが多いんです。

しかし嬢が二人いると、それらの作業をほぼ全部やってくれて、さらにエビや貝も剥いてくれて、食べごろの食材をお椀によそってくれます。

ホント、食べるだけ 笑。

 

なので、鶴次郎だけがあっという間に腹いっぱい(イムレーオ)。

ビアシンをちびちび飲みながら、二人の食いっぷりを眺めます。

ホント、良く食べる人たちだ 笑。

1時半過ぎにようやくお開きとなり、おばさんはバイタクでファラン彼氏の元へと帰り、鶴次郎はE嬢とホテルに帰還したのでした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る