チャオプラヤーエクスプレスの楽しみとは~2016年6月バンコク旅行記(29)

IMG_4657

3日目の午後。

さんざん歩いて、チャオプラヤー川のピンクラオ橋のふもとにあるチャオプラヤーエクスプレスの駅に到着。

ガイドマップを読んで、ボートの種類やら料金やらを頭に叩きこもうとしますが、受付のおばちゃんが「すぐに来るから!」ということで慌てて切符を購入し、乗り場に急ぎます。

急がされたのにボート到着まで5分ぐらいかかりましたが 笑。

買った切符はヤワラーの中華街近くのラーチャウォン乗り場まで。

途中、全ての乗り場に止まったので、特急とか急行などではなく、各駅停車の船だったようです。

IMG_4653

船には多くの乗客で、立っていた鶴次郎も満員電車なみに身動きが取れないほどでした。

BTSやMRTと同じように重要な交通機機関のひとつなんですね。

地元民も観光客もどちらも多かったです。

日本人みたいに「まずは降りる」「順番を待つ」ということをしない地元民や外国人なので、ただでさえ全ての駅で多くの人が乗り降りするのに、毎回混沌とする船内 笑。

 

IMG_4654

ピククラオからヤワラー近くのラーチャウォン駅までは30~40分ぐらいかかったでしょうか。

途中、6つほどの駅に立ち寄ります。

 

チャオプラヤーエクスプレスからら眺めるワットプラケーオ、ワットアルン、ワットポーはそれなりに趣があります。

ワットアルンは工事中でしたけど。

広 告

チャオプラヤーエクスプレスの見どころ、それは車掌というか、乗務員のおっさんです。

船の係留ロープを駅ごとに結んだりほどいたりと、かなりパワーが必要な仕事です。

操縦者とのやりとりと駅の乗客への危険報せのために、笛を吹き続けたり、乗降客の足元注意を促したりと、絶えず周囲に目を配る必要があります。

観光客に訊ねられれば答えてあげるそれなりの営業力も。

とにかく大忙しです 笑。

しかも終始イライラしながら仕事をこなします 笑。

おもてなしとかホスピタリティなんて毛頭ありません 笑。

鶴次郎は手すりの外に腕を出していたら、笛を吹かれ、腕をペシッと叩かれました 笑。

頑固にプロの仕事に徹する、みたいな感じでしょうか。

言っちゃ悪いかもしれないけど、観ていてホント飽きないおっさんでした 笑。

IMG_4658

そんなこんなで船はラーチャウォン駅に到着。

船を降りるとき、鶴次郎はおっさんに向かってちゃんと「コップンカープ」と笑顔でお礼を言っておきました 笑。

チャオプラヤーエクスプレス、風を感じる船からの眺めなども楽しみのひとつですけど、おっさんの仕事ぶりに注目の乗り物です 。

ぜひ一度ご観賞あれ 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る